BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2017.03.12

長崎版画展スライドトーク

本日3月12日(日)に現在開催中の「長崎版画と異国の面影」展スライドトークを行いました。
担当学芸員が展覧会について解説します。

展示室ではテーマごとに章立てしてありますが、今回はスライドトークのため長崎版画の作り手兼出版主である版元に大きく焦点を当ててお話ししました。
DSCN7911

ほかにも長崎版画をよりよく知るために、技法やコレクターのこと、長崎の歴史などもお話ししました。
DSCN7900

DSCN7902

DSCN7904

お気に入りの版元は見つかったでしょうか。
長崎版画と言っても、100年以上の歴史があり多様な表現が生まれています。
同じ時代に江戸で作られた北斎や広重とはまた違う、異国情緒あふれる長崎独自の版画の魅力をさらに深めていただけたら嬉しいです。
(参加者47名)

来週の3連休もイベントが盛りだくさんです!
3月18日(土)記念講演会
「出島の暮らしと描かれたオランダ人」
講師:松井洋子氏(東京大学史料編纂所 教授)
3月19日(日)担当学芸員によるスライドトーク
3月20日(月・祝)記念講演会
「長崎版画入門」
講師:植松有希(当館学芸員)

長崎版画がこれほど一堂に集まる機会は大変珍しいです。
実際に作品を見て、さらに講演会などのイベントで長崎版画通になってみるのはいかがですか?
この機会をお見逃し無く!

2017.03.12

記念講演会「長崎版画と異国趣味」

昨日3月11日(土)に現在開催中の「長崎版画と異国の面影」展の記念講演会を開催しました。
講師は早稲田大学文学学術院教授の成澤勝嗣氏です。
DSCN7870 2

「長崎版画と異国趣味」というテーマでご講演いただきました。

長崎の御用絵師である唐絵目利が描いた肉筆画から、出島や唐人屋敷でのオランダ人や中国人の風俗をみていきます。
DSCN7871
さらに長崎版画と肉筆画を比較したり、長崎版画の使われ方についてもお話しいただきました。
長崎版画だけでなく、その周辺の文化などを知ることができる貴重なご講演でした。
(参加者77名)

展覧会もあと残り2週間となりました。
まだまだイベント目白押しです!詳しくはこちら

2017.03.10

長崎版画展の鑑賞教室

本日3月10日(金)に区内の小学校5,6年生が「長崎版画と異国の面影」展の鑑賞教室に来てくれました。

まずは、長崎版画についてのお話しです。
長崎版画には日本のことはほとんど描かれず、オランダや中国の風俗や船、人の姿を描いたものが多いです。
でも実際に江戸時代に長崎に来たオランダ人や中国人に会える人は限られていたので、長崎版画には想像と現実が入り交じったものもよくみられます。

実物を見る前に何枚か一緒に見て、どんなものが描いてあるのかみんなで考えました。

ワークショップでは、みんなに言葉の情報だけで絵を描いてもらいました。
限られた情報だけで想像して絵を描くのは、けっこう難しいです。

それぞれユニークな絵が出来ました。
DSCN7846 2

さらに展示室では、気に入った絵をスケッチしてもらいました。
真剣に細かな所までスケッチしてくれた人もいます。
DSCN7859 3

またお友だちやお家のひとと美術館に来て下さいね。

2017.03.09

3月12日のアートシーンで紹介されます

現在開催中の「長崎版画と異国の面影」展、Eテレの日曜美術館のアートシーンで紹介されます。
放送は3月12日(日)午前9時45分からと午後8時45分からの2回です。

先日の撮影の様子です。
DSCN7824
DSCN7830

ぜひご覧下さい!

2017.03.08

小学校へ長崎版画の出張授業

先日、区内の小学校へ出張して現在開催中の「長崎版画と異国の面影」展についてお話ししました。

区内小学校6年生の3クラスです。
「版画を通してみる文化交流」
というテーマで浮世絵版画や江戸時代の長崎についてお話しして、長崎版画を数点紹介しました。

長崎版画というと、聞いたことがない人も沢山います。
また長崎に実際に行ったことのある人も少ないようです。

なので、まずは浮世絵版画のお話から始めました。
「葛飾北斎」、「歌舞伎」、「美人画」など重要ワードが出てきます。
みんなゴッホと浮世絵の関係なども知っていました。
さすが6年生です!

さらに長崎版画を少し紹介。
当時の日本のこと、長崎版画はお土産として親しまれていたことなど、日本の歴史と一緒にお話ししました。

最後に長崎版画に描かれているじゃんけんのルーツである拳遊びをみんなでやってみました。
s21
suraido22
拳遊びはなかなか複雑なゲームで、大人でも理解するのに時間がかかりますが、6年生のみんなはすぐに理解して楽しんでくれました。

今回は出張授業のため残念ながら実際に作品を見ることができなかったので、
次はぜひお友だちやご家族と美術館へ遊びにきくださいね。

2017.02.25

「長崎版画と異国の面影」展がはじまりました!

本日2月25日(土)より、「長崎版画と異国の面影」展がはじまりました。
江戸時代に長崎で、土産物として親しまれた長崎版画や版元の肉筆画など約150件展示しています。
ここまで長崎版画が揃う展覧会は大変珍しいです!

IMG_1967

IMG_1968
2月26日(日)の「長崎版画と異国の面影」展の担当学芸員によるスライドトークは都合により急遽中止となりました。代替日として3月19日(日)14:00〜から当館1階講義室にてスライドトークを行います。

3月26日(日)まで、会期中展示替え無し・盛り沢山の内容となっています。
どうぞお見逃しなく!
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex170225.html

2017.02.24

いよいよ明日から「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」展

明日2月25日(土)より、3月26日(日)まで、「長崎版画と異国の面影」展を開催します。

長崎版画は、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれました。
本展覧会では、長崎版画の多彩な魅力を紹介するとともに、肉筆作品を含め、それらを取り巻く諸相を探り、謎の多い長崎版画の実態に迫ります。
江戸時代の異国への眼差しが感じられる展覧会です。

今日も展示作業風景をお届けします。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

news160224-300

news1602242-300

展覧会について詳しくはこちらをご覧ください。

【スライドトーク延期のお知らせ】2月26日(日)の「長崎版画と異国の面影」展の担当学芸員によるスライドトークは都合により急遽中止となりました。代替日として3月19日(日)14:00〜から当館1階講義室にてスライドトークを行います。みなさまのご来館を心よりお待ち申し上げます。

2017.02.23

2017年度の展覧会スケジュール

板橋区立美術館のスケジュールがこちらにアップされています。
2017年度も、板橋区立美術館らしいラインナップとなっております。
どうぞお楽しみに!

そして、2016年度を締めくくる「長崎版画と異国の面影」展の詳細はこちらをご覧ください!
2月25日(土)から開催します。
長崎版画展、展示準備もいよいよ大詰めです!
DSCN7799

DSCN7805
ここまで長崎版画を揃えた展覧会は大変珍しいです。
どうぞお楽しみに!

2017.02.19

区立小中学校作品展 閉幕しました

板橋区立小中学校作品展は本日2月19日17時をもって終了いたしました。
今日も開館時間からたくさんの親子連れがいらしていました。

板橋区立美術館は2月20日(月)から2月24日(金)まで展示替えのため休館し、
2月25日(土)より、「長崎版画と異国の面影」展を開催します。

長崎版画は、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれました。
本展覧会では、長崎版画の多彩な魅力を紹介するとともに、肉筆作品を含め、それらを取り巻く諸相を探り、謎の多い長崎版画の実態に迫ります。
江戸時代の異国への眼差しが感じられる展覧会です。
展覧会について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex170225.html

chirashiomote
美術館の前の公園では梅が4分咲きといったところです。
まだ朝晩の寒さは厳しいですが、確実に春が近づいてきています。

news160219

2017.02.03

長崎版画と異国の面影展

板橋区立美術館では、2月25日(土)から3月26日(日)まで「長崎版画と異国の面影」展を開催いたします!
chirashiomote

長崎版画は江戸時代中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれていました。
当時、数少ない貿易都市であった長崎には、多くの人々が異国の情報や知識を入手しようと訪れました。
彼らの好奇心に応え、異国情緒あふれるものやニュース性の強い版画が版行されました。
しかし、外国人やその風俗を見ることができる人は限られていたため、現実と想像の入り交じった作品も多いです。
この展覧会では、未だ謎に包まれた長崎版画の多彩な魅力をご紹介します。

チケットは船の帆の形になっています。展覧会をご覧になった記念にしおりとしてもお使いいただけます。
C27DwwBUcAAKZBR

2月25日(土)から約一ヶ月間という短い期間です。
巡回もないので、板橋区立美術館でしかご覧頂けません。
どうぞお見逃しなく!