2017.11.26

ひよこ・たぬきアトリエ ゾウを描こう

タラブックス展のオープンを記念して、タラブックスのギータ・ウォルフさんとV・ギータさんのお2人を講師に、ひよこ・たぬきアトリエ「ゾウを描こう」を開催しました。

IMG_2186
インドと言えば、ゾウ!
たくさんのゾウの絵が飾られた会場で、子どもたちも大好きなゾウをそれぞれの方法で描きました。

最初に2人のギータさんからの「ゾウってどんな動物?」「何を食べるの?」といった質問に答えながら、ウォーミングアップしました。
スライドで、インド各地の部族のアーティストが描いたゾウの絵を見せると、いろんな感想が出てきました。
「どうしてシマシマ模様なんだろう」「ゾウに見えない」など….

news20171126-2-300
ギータさんたちは、長い鼻、大きな耳、4本の脚などの特徴があればゾウだってわかるから、あとはみんなの好きなように描いてね、と言ってくれました。
どんなゾウの絵ができるのでしょうか・・・

最初にインドの2つの部族のゾウの絵が薄く印刷されている紙を使って、好きな色や模様を加えました。
さらに、白い紙にオリジナルのゾウを描いた子もいて、カラフルでたのしいゾウがたくさん出来上がりました!

news20171126-3-300
今回のひよこたぬきアトリエの会場に飾られたたくさんのゾウの絵は、2013年に当館で開催したイラストレーター向けの講座「夏のアトリエ」の参加者たちによるものです。この「夏のアトリエ」は、ギータ・ウォルフさんが講師をつとめ、講座終了後もギータさんは参加者と絵本作りを進めています。すでに3冊の絵本が刊行されたほか、現在進行中のプロジェクトもあります。今回、「夏のアトリエ」の参加者たちが再び集まって、本展のためにさまざなな協力をしてくれました。
今日のひよこたぬきアトリエの通訳を務めてくださった齋藤名穂さんもその一人。そのほか多くの元参加者のみなさんが手伝ってくださいました。ありがとうございました!