2017.10.11

ひよこ・たぬきアトリエ いきもののつかまえかた—絵のなかで—

10月8日(日)は、ひよこ・たぬきアトリエ「いきもののつかまえかた—絵のなかで—」を行いました。
講師は美術作家の木下令子さんです。
美術作家の石黒ゆかりさん、井上健司さんもお手伝いしてくださいました。

「館蔵品展 江戸の花鳥画」を見て、現代の花鳥画をつくります。

news171011-1-300
ご挨拶したあと、みんなで2階の展覧会を見にいきました。
大きな屏風や掛け軸を近くで見て、絵の中に隠れているいきものを探します。
鳥、蜂、蝶、魚などたくさんのいきものが描かれています。
講義室に戻ってきて、自分が見つけたいきものを発表しました。

news171011-2-300
いよいよ自分たちの花鳥画を描いていきます。
まずはデカルコマニーの技法を使って小さないきものをつくります。
2つ折りにした紙の片方に絵具を置いてぺたりと挟み、よく伸ばしてから再び開きます。
絵具が押しつぶされて広がり、予想しない形ができます。
できた形から想像を膨らませ、絵具が乾いてから切り抜いて、いきものの形にします。

news171011-8-300

news171011-3-300

news171011-5-300
絵具を乾燥させている間、いきものが住む場所を想像して描いていきます。
先生たちのデモンストレーションを見たあと、筆を使って壁にはった大きな紙に、木や川、家を描きました。

news171011-4-300

news171011-6-300
描いている途中で、ときどき離れてみながら、色紙や本物の木の実を貼って仕上げていきます。
曼珠沙華や、京都の大文字焼きなど、思い出のものを描き入れたり、家族によってさまざまな風景が出来てきました。

news171011-7-300

news171011-9-300
最後はみんなで鑑賞会をしました。
展示室で見たように、それぞれの絵の中にいるいきものを発見してみました。

ぜひおうちでも飾ってみてくださいね。

news171011-10-300