2017.03.19

長崎版画展スライドトーク2

本日3月19日(日)に現在開催中の長崎版画展のスライドトークを行いました。
担当学芸員が展覧会について解説します。

担当者は10年ほど長崎に住んでいたことがあるので、はじめに町の特徴や景観についてお話しします。
DSCN8201

長崎版画は主にお土産品として販売されていましたが、そのことが記されている引き札(チラシ)や、持ち帰ってから貼り交ぜ屏風に用いられた作品など、長崎版画の活用された例についてもご紹介しました。
DSCN8206
まだまだ実態が謎に包まれている長崎版画。
その版元の特色をご紹介しました。
お気に入りの版元は見つかったでしょうか。
DSCN8208
長崎版画がここまで一堂に集まることは大変珍しいので、この機会に長崎版画の魅力を存分に楽しんでください。
(参加者49名)

長崎版画展のイベントも残り1つとなりました。
3月20日(月・祝)担当学芸員が「長崎版画入門」というテーマで講演会を行います。
ぜひお越し下さい!