板橋区立美術館

JAPANESE / ENGLISH

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL: 03-3979-3251 FAX: 03-3979-3252

NEWS - 最近の投稿

NEWS - 過去の投稿


美術館ニュース

イエラ・マリの絵本としては『あかいふうせん』『木のうた』『りんごとちょう』『にわとりとたまご』がよく知られ、字のない絵本の傑作としても有名です。一方、1974年に刊行された『まるい まあるい』と『と おもったら・・・・・・』は、各ページに短いテキストが添えられ、いずれも「形」をテーマとしています。

『まるい まあるい』(Iela Mari “Il tondo”, Emme Edizioni, 1974)は、身の回りの丸いものを集めた絵本。「・・・はまあるい」というフレーズとともに、地球やボタン、お皿やレモンの輪切りなど、様々なものが登場します。
まるい

『と おもったら・・・・・・』(Iela Mari “C’era una volta il riccio di mare”, Emme Edizioni, 1974)はウニから始まる形のしりとりです。少しずつ違う形のものが次々に登場しますが、最後の場面ではウニに戻ります。「・・・と思ったら・・・・だった」というフレーズとともに、ページをめくる度に形の変化を楽しめます。さらに、この作品にはジャバラ折りの試作が残されています。それを見ると、イエラが楽しみながら制作した様子が想像でき、形の連続性にユーモアも感じられます。
とおもったら とおもったら試作

ものの形をよく見てもらいたい。テレビでたくさんのイメージが流れ始めた時代に、イエラが子どもたちに伝えたかった思いが込められた絵本です。

板橋区立美術館 > 美術館ニュース > イエラ・マリ展 作品紹介8
JAPANESE / ENGLISH

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL: 03-3979-3251 FAX: 03-3979-3252
COPYRIGHT © ITABASHI ART MUSEUM ALL RIGHTS RESERVED.