板橋区立美術館のあゆみ

昭和46年3月
板橋区において、赤塚城跡付近一帯を「教育と文化の森」として整備する構想が出される。
12月
土地3,188平方メートルを取得。
昭和52年12月
美術館建設を決定。美術館開館準備委員会(委員8名)発足。
昭和53年7月
美術館開館準備室設置。工事着工。
昭和54年3月
建設工事、外構工事竣工。引き渡し。
5月
23区初の公立美術館として、開館記念式典挙行(19日)。
開館記念「板橋の現代美術と古美術展」一般公開(20日)。
昭和56年7月
博物館法に基づく登録美術館として、東京都教育委員会に登録(第48号)。
昭和57年3月
文化庁より、文化財保護法第53条第1項に基づく重要文化財公開施設としての承認を受ける。
昭和62年11月
美術館用地233.06平方メートルを購入、これで全体面積は2,333.06平方メートルとなる。
昭和63年3月
前庭を整備。
平成9年9月
東武東上線成増駅前の再開発ビル「アリエス」の3階に、区民のために貸しギャラリー「成増アートギャラリー」を開設。
平成11年4月
「開館20周年記念ミュージアムコレクション’79〜’99 PARTⅠ お武家さまと町人たちの座敷飾り展」開催。
10月
「PARTⅡ 脱・現代美術教養論展」開催。
11月
「PARTⅢ アトリエの謎展」開催。
平成15年4月
全館禁煙とする。
7月
美術館経由の路線バスが開通。
平成16年11月
「ディック・ブルーナ展」開催。
平成17年4月
アトリエ・講義室が有料化。
12月
皇后陛下行啓。「赤ずきんと名作絵本の原画たち展」御覧。
平成18年8月
皇后陛下行啓。「2006イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」御覧。
平成19年9月
「優良防火対象物」に認定。
平成20年4月
教育委員会から区長部局の区民文化部に組織変更。
平成21年4月
「成増アートギャラリー」が指定管理者に移行。
平成22年2月
開館30周年記念特別展「浮世絵の死角 イタリア・ボローニャ秘蔵浮世絵名品展」開催。
平成24年3月
皇后陛下行啓。「安野光雅の絵本展」御覧。
平成25年7月
秋篠宮妃紀子さまお成り。「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」御覧。
10月
天皇皇后両陛下行幸啓。「生誕100年佐藤太清展」御覧。