ようこそ板橋区立美術館へ

板橋区立美術館は、人口50万人を擁する板橋区によって
昭和54(1979)年5月20日東京都23区内初の区立美術館として開館しました。
付近には区立郷土資料館・区立赤塚植物園などの施設のほか、
「江戸名所図絵」にも描かれている松月院や東京大仏で有名な乗蓮寺、
赤塚城址などの史跡も多く、手軽な散歩コースとなっています。

収蔵作品は、江戸狩野派を中心とした近世絵画、大正から昭和前期の前衛美術、
板橋区ゆかりの作家を中心に収集しています。
こうした収集活動と連動し、「江戸文化」「池袋モンパルナス」に焦点をあてた企画展や、
「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」などの展示事業、
一般の方を対象とした技法講座や小学生鑑賞教室などの教育普及活動を通して、
広く親しまれる美術館をめざしています。