館蔵品展 江戸の花鳥画

室内にいながら草木や鳥を愛で楽しむことのできる「花鳥画」は、時代や流派を問わず描き継がれてきました。江戸狩野派が新たな様式を確立し、民間画壇が充実した17-19世紀には、花鳥画は表現の幅を広げ、魅力溢れる作品が数多く生まれました。本展では、狩野派らしい和漢が融合した屏風や探幽の画風を引き継ぐ瀟洒な表現による水墨画、写実を重視した南蘋風など、館蔵品を幅広くご紹介します。江戸の地で花開き羽ばたいた、花鳥画の世界をお楽しみください。


長谷川雪旦《草花図》
江戸時代(19世紀)板橋区立美術館蔵