2017
イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展

世界でも最大級の規模を誇る絵本原画コンクールとして知られる「ボローニャ国際絵本原画展」。51回目となる2017年に入選した26か国75作家の作品全点を展示します。会期中には、絵本に関するさまざまなイベントも予定しています。

ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアと
ボローニャ国際絵本原画展

イタリアの古都ボローニャで毎年春に開催される児童書専門の見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」は、版権の売買のみならず、児童書の新たな企画を生み出す場として、50年以上の歴史を誇ります。今年も世界各地から1,000以上の出版社が出展し、たくさんの来場者でにぎわいました。
このブックフェアに伴って行われる「ボローニャ国際絵本原画展」は、新人イラストレーターの登竜門としても知られ、本展をきっかけに多くの絵本作家が生まれています。その魅力は、実験的な試みを積極的に受け入れ、多様な絵本表現が見られることです。国籍の異なる5人の審査員は毎年入れ替わり、応募作品は有名作家の作品も新人の作品も同じテーブルに並べられて審査されます。
今年は過去最多となる3,378(61か国)の応募があり、26か国75人(組)が入選しました。板橋区立美術館ではその全作品を紹介します。

特別展示1 フアン・パロミノ

メキシコの絵本作家フアン・パロミノ(Juan Palomino)をご紹介します。パロミノは、2016年にボローニャ展に入選し、同時に「ボローニャ・SM出版賞」を受賞した注目の作家です。受賞を記念して刊行された新作絵本「はじまりの前に」(Antes del primer día)は、マヤの神話をもとにしたお話です。世界や動物、人間がどのように作られたのか、壮大な物語を描いた17枚の原画を展示します。


フアン・パロミノ『はじまりの前に』(Antes del primer día)

特別展示2 
見て めくって 感じる 日本の絵本

今年のブックフェアでは、日本語を知らない読者も楽しめるという観点で選書された約50冊の日本の絵本を展示するブースが評判を呼びました。板橋区立美術館ではこれらの絵本を紹介するとともに、連続講座「夏の教室」でこのテーマを掘り下げます。赤ちゃん絵本からノンフィクション絵本まで、言語の壁を越えて伝わる新しい日本の絵本の魅力をお楽しみください。


関連イベント

本展期間中、講演会やワークショップなど、絵本に関する多数のイベントを予定しています。
イベントの詳細は6月中にアップする予定です。
第20回「夏のアトリエ」の参加者募集についてはこちらをご覧ください。


カフェ・ボローニャ Café Bologna

ボローニャ展の会期限定で、手作りのパンが自慢のカフェがオープンします。
洋書など関連絵本が充実したブックショップも併設。会期中毎日OPEN!


夏はぐるーっと絵本展めぐり

夏に絵本展を開催する他会場と共に入館料の相互割引を行います。
くわしくはこちら


ボローニャ展 関連企画

都内各地のギャラリー・画廊で入選者などによる関連展示が行われます。
くわしくはこちら


ボローニャ展ポスターの話

板橋区立美術館のボローニャ国際絵本原画展のポスターの絵は、毎年さまざまなアーティストによる描き下ろしです。今年は、今回の入選作家・古郡加奈子(ふるごおりかなこ)さんが、ブックフェアと板橋区立美術館のにぎわいを1枚の絵にしてくださいました。さまざまな登場人物やボローニャの町の名所もたくさん描き込まれています。


2017ボローニャ国際絵本原画展 巡回情報

板橋区立美術館(東京)
2017年7月1日~8月13日

西宮市大谷記念美術館(兵庫)
2017年8月19日~9月24日

高浜市やきものの里かわら美術館(愛知)
2017年9月30日~10月29日

石川県七尾美術館(石川)
2017年11月2日~12月10日


古郡加奈子(日本)「一日」

マーライ・マリアン(ハンガリー)
「クジラのバスにのって」

綾野本汰(日本)「コアラの通勤」

オオノ・マユミ(日本)
「カラー&パターン きょうのようふく
なにいろ なにもよう?」

ラーシーン・ヘイリーエ(イラン)
「鳥と少年と列車」

マヌエル・マルソル(スペイン)
「ふしぎな山」

ハリエット・ヴァン・レーク
(オランダ)
「アルファベットスープ」

カミッラ・ファルシーニ(イタリア)
「プリンセスを助ける100人の騎士」

マルタ・トミヤク(ポーランド)
「出会い」

エマ・ルイス(イギリス)
「わたしの博物館」