20世紀検証シリーズ No.5
井上長三郎・井上照子展
―妻は空気・わたしは風―

井上長三郎(1906—1995)は神戸に生まれ、大連で少年期を過ごした後に上京し太平洋画会研究所で学びました。彼は「池袋モンパルナス」と呼 ばれる地域に暮らし、戦前はフォービスムやシュルレアリスムに影響を受けた絵を独立美術協会展、美術文化協会展を中心に発表しました。彼の戦中の作品の中 には厭世的だと言われ、出品を撤回されたものもありました。戦争画一色の時代になっても彼は画家仲間である靉光や鶴岡政男らと共に1943年に新人画会を 結成し、展覧会を開きました。そして、戦後は自由美術家協会に参加し、ヴェトナム戦争などの事件を描いた絵画や、礼服姿の議員たちを風刺したユニークな絵 画 を残しました。

井上照子(旧姓:長尾、1911—1995)は京城(現・ソウル)に生まれ、女子美術専門学校で学び、朝鮮美術展覧会や 独立 美術協会展に出品しました。彼女は、疎開や子育てのため、画業を中断した時期もありましたが、戦後は長三郎と共に自由美術家協会に参加し、植物や自然に着 想を得た、色彩豊かな抽象絵画を発表しています。

2人は、結婚と同時に1938年から40年にかけて共にパリに留学し、帰国後は池袋、疎 開 を経て、戦後は1995年に亡くなるまで板橋区で暮らし、共に描き続けました。長三郎は、照子との関係について「彼女は空気でわたしは風」と語っていま す。同じ屋根の下で描かれた2人の画家の作品は、日本の近代絵画の中で独特な存在感を放っています。本展は、井上長三郎、照子夫妻の作品を初公開の資料と 共にご紹介するはじめての展覧会です。

 

展覧会図録

「井上長三郎・井上照子展 ―妻は空気・わたしは風―
inoueten-book

発行年 2015年
価 格 1500円

図録の申込はこちら

関連イベント

11月22日(日)は「いい夫婦」の日

井上長三郎・照子夫妻にちなんで、夫婦、カップル、お友だち同士など、2名以上で一緒にご来館いただいた先着100名に展覧会オリジナルグッズ(非売品)をさしあげます。

 

記念講演会
「両端を結んで 井上長三郎と照子のこと」

とき:2015年12月5日(土)14時〜15時30分(13時開場予定)
講師:原田光(岩手県立美術館館長)
当館1階講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください

 

先生のための鑑賞会

とき:2015年12月3日(木)15時〜16時
小・中・高校の先生(図工・美術以外も可)および先生を目指している大学生向けの鑑賞会です。一般参加可。鑑賞のポイントなどについて担当学芸員がお話いたします。
当館2階展示室ロビーにて、申込不要、聴講無料(要鑑賞券)、当日直接会場へお越しください

 

学芸員の仕事に興味がある方のためのトーク

とき:2015年12月12日(土)14時〜15時(13時開場予定)
学芸員の仕事に興味のある大学生、一般の方向けのトークです。本展担当学芸員が展覧会の事前調査、展示についてお話します。
当館1階講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください

 

スライドトーク

とき:2015年11月28日(土)、12月19日(土)、26日(土)
いずれも14時〜15時(13時開場予定)
担当学芸員が作品や作家についてお話します。
当館1階講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。

 

ワークショップ「おもしろい顔を作ろう」

とき:2015年12月13日(日)14時〜15時
対象:5歳から小学生のお子さんとそのご家族、15組程度
絵本を読んだり、工作をしたりして、絵の鑑賞を深めます。
講師:藤田百合、赤松千佳、妹尾喜久子(えほんとあそぶアートのおうち)
申込不要、要鑑賞券、当日1階講義室にお集りください。

 

図書館レクチャー

井上夫妻の作品の世界について当館学芸員がお話しします。

成増図書館:2015年11月3日(火・祝)

赤塚図書館:2015年11月28日(土)

いずれも…

と き:11時~11時45分
ところ:各図書館視聴覚室にて

申込不要、聴講無料、当日直接会場へお越しください。

 

 


井上長三郎《礼装》1970年 板橋区立美術館蔵
井上照子《ゆうべ》制作年未詳 個人蔵
井上長三郎《漂流》1943年(後年改作)個人蔵
井上照子《まひる》1953年 個人蔵
井上長三郎《葬送曲》1947年 いわき市立美術館
井上長三郎《白い椅子》1969年、板橋区立美術館
井上照子《かなた》制作年未詳 個人蔵
井上長三郎《東京裁判》1948年 個人蔵
井上照子《五月》1958年 個人蔵
井上照子《動く風景》制作年未詳 個人蔵