板橋区立美術館

JAPANESE / ENGLISH

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL: 03-3979-3251 FAX: 03-3979-3252

展覧会

「ボローニャ国際絵本原画展」は、児童書のためのイラストレーションのコンクールです。出版・未出版に関わらず審査の対象とされるため、新人作家の登竜門としても知られています。本展では、2019年のコンクールで入選した作品を一挙公開。会期中には、絵本に関するさまざまなイベントも予定しています。

一般650円、高・大生450円、小・中生200円

板橋区立美術館では、日本のアヴァンギャルド画家の作品を収集、展示してきました。池袋モンパルナスに暮らし、戦後板橋区に移住した寺田政明や井上長三郎らは昭和初期から戦中、戦後も前衛精神を持ち描き続けました。本展では2017年度に購入した、長谷川利行、野田英夫、麻生三郎の作品をはじめ、近年ご寄贈いただいた作品も初公開します。リニューアルオープンと開館40周年を彩る、当館の近代美術コレクションの特色を活かした展覧会です。
観覧無料

板橋区在住の書家・美術家による作品と、区民による書画・美術作品などを展示いたします。
入場無料

デザイナーで造本作家の駒形克己(1953年生)は、『Little Eyes』『Little Tree』をはじめとする絵本で国際的に注目されています。一人一人にじっくりと向き合いながら生み出される駒形の仕事を、絵本、グラフィックデザイン、ワークショップ活動などに関するたくさんの資料とともに紹介します。
一般650円 高・大生450円 小・中生200円

「佐藤太清青少年美術奨励基金」により、全国の中学生から公募した作品の入選作を展示します。また「佐藤太清公募美術展」(京都府福知山市主催)の巡回展が同時開催されます。
会場:成増アクトホール 入場無料
(成増駅北口下車すぐ)

深井隆(1951年生)は、日本を代表する彫刻家です。東京藝術大学に学び、35年にわたり同校の彫刻科で指導にあたりました。深井は素材に樟を使い、翼のある椅子やペガサスなど一貫したモチーフの作品を制作しており、その独自な作品は国内外で高く評価されています。同校退任後の現在、深井は学生時代より暮らしている板橋と故郷の群馬のアトリエを拠点として制作を続けています。
本展は初公開となる新作も加え、深井隆の世界を体感していただけるダイナミックな展覧会になります。
一般650円 高・大生450円 小・中生200円

板橋区立美術館では1981年より毎年、ボローニャ国際絵本原画展を開催してきました。38回目を迎える本年は、大規模改修工事に伴う休館期間に重なるため、美術館から東武東上線・成増駅前のギャラリーに場所を移してご覧いただきます。 ※入選作品全点を展示することはできません。あらかじめご了承ください。

一般500円、高校・大学生250円、中学生以下無料

当館のコレクションに加え、近年寄贈、寄託された井上長三郎、山下菊二の作品を中心に、戦中・戦後の日本の社会をテーマにした作品をご紹介いたします。時代と対峙した彼らの作品は、社会問題を告発するかのように力強く私たちに訴えかけてきます。 また、今回は「板橋の日本画」と題して当館が所蔵する平山郁夫、佐藤太清をはじめとする日本画家の作品も特別展示いたします。

観覧無料

12345
板橋区立美術館 > 展覧会
JAPANESE / ENGLISH

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL: 03-3979-3251 FAX: 03-3979-3252
COPYRIGHT © ITABASHI ART MUSEUM ALL RIGHTS RESERVED.