イタリア・ボローニャ国際絵本原画 展関連イベント・ 講演会
第14回 夏の教室
「絵で読む、感じる 日本の絵本」

古くから「物語る絵」の文化をもち、戦後は欧米に学びながら独自の表現を築いてきた日本は、世界有数の絵本大国です。
2017年のボローニャ・ブックフェアでは、日本語がわからなくてもめくることによって楽しめる新しい日本の絵本をさまざまな角度から紹介し、大きな反響がありました。
そこで今回の夏の教室では、言語の壁を越えて伝わる日本の絵本の特色について多彩な講師陣とともに考えます。

日 程 :2017年8月4日(金)・5日(土)の2日連続 10:30〜17:00
講 師 :広松由希子(絵本評論家)
きたむらさとし(絵本作家)
佐々木紅(福音館書店編集部)
土居安子(大阪国際児童文学振興財団総括専門員)
村山純子(エディトリアルデザイナー)
児島なおみ(絵本作家)
対 象 :全日程参加できる18才以上の方
定 員 :42人(定員を越えた場合は抽選)
参加費 :5,000円
申込方法:往復はがきに以下の内容をご記入の上、お申込みください。
①「夏の教室」申込
②氏名(ふりがな)・年齢・住所・電話番号
③職業(学生の場合は学校名と専攻)
④自分にとって絵本とは何か
⑤過去の「夏のアトリエ」「夏の教室」「夏のセミナー」の参加の有無

※返信面にも住所・氏名を記入してください
※宛先:板橋区立美術館「夏の教室係」
※2017年7月12日(必着) 受付終了
※郵便料金の変更にご注意ください

 

・・・スケジュール・・・

8月4日(金)
10:30〜12:00 
広松由希子(絵本評論家)
「見ることば 感じる間」
絵本の「ことば」ってなに?文字言語を超えて絵本を読んでみるワークショップです。
好きな日本の絵本を1冊お持ちください。

13:30〜15:00 
きたむらさとし(絵本作家)
「絵本で巡った世界のはなし」
長年イギリスを拠点にしてきましたが、
その縁で出会った様々な国の子どもたちのことなどをお話します。

15:30〜17:00 
佐々木紅(福音館書店編集部)
「わたしが編集してきた絵本のこと」
編集の仕事のスタートは、月刊の赤ちゃん絵本でした。
そこから学んだことを中心にお話できたらと思っています。

 

8月5日(土)
10:30〜12:00
土居安子(大阪国際児童文学振興財団総括専門員)×広松由希子(絵本評論家)
「日本の絵本の現在を世界へ届ける」
ボローニャの絵本展の選書を振り返り、
作家との交流などを通して気づいた世界と日本の絵本の現在について考えます。

13:30〜15:00 
村山純子(エディトリアルデザイナー)
「『さわるめいろ』をめぐる少し長いお話」
目が見えても見えなくても一緒に楽しめる絵本はいかにして生まれたのか。
その背景と制作過程をたどります。

15:30〜17:00 
児島なおみ(絵本作家)
「絵本の翼」
アメリカから出発した絵本作りのこと、
アジアにおける子どもの本についてお話したいと思います。