乗蓮寺(東京大仏) 赤塚5−28−3

乗蓮寺は、昭和48年に中宿から現在地に移転した寺院で、天正10年(1591)に幕府から10石の朱印状を寄進された格式のある寺院です。様々な石像・文化財が管理されていますが、中でも新東京百景にも選ばれている東京大仏は、高さ13メートルの青銅製で、重さ22トンあり、昭和52年、赤塚二の丸跡に建立されました。
板橋区立美術館周辺
Copyright (C) 2003 Itabashi Art Museum. All rights reserved. このウィンドウを閉じる