板橋区立美術館 表紙へ
image

板橋区立美術館へのアクセスはこちら
2月16日から板橋区立美術館を通るバスのダイヤが大幅に変わります。
成増駅北口発 増17系統
高島平駅発 増17系統

2014年 2月22日(土)〜3月30日(日)
前期:2月22日(土)〜3月16日(日)
後期:3月18日(火)〜3月30日(日)
※3月17日に展示替えを行います

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

正規料金
一般650円
高校・大学生450円
小中学生200円(土曜日は高校生以下無料)
割引料金
65歳以上割引325円(要証明書)
他の割引料金はこちら
●本展に限り後期展示の割引制度があります。くわしくは左記を参照ください。

展示点数
襖・掛軸・屏風・巻子・画帖など53件
(前・後期あわせて)

主催 板橋区立美術館、読売新聞社、
   美術館連絡協議会
協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、
   損保ジャパン、日本テレビ放送網
協力 日本通運
江戸文化シリーズNo.29
探幽3兄弟
〜狩野探幽・尚信・安信〜


狩野探幽(かのうたんゆう 1602〜1674)は狩野永徳の孫にあたり、徳川幕府の開府とともに狩野家の本拠地を江戸に移し、狩野派の画風を一変させて新しい様式を確立した江戸初期の大家として知られています。探幽については多くの先行研究や展覧会の開催により、その画業が明らかにされつつありますが、探幽には2人の弟がいて、3兄弟で徳川幕府の御用絵師として活躍していたことは、現在あまり知られていないのではないでしょうか。
探幽の5歳年下の弟は尚信(なおのぶ 1607〜1650)、11歳年下の弟は安信(やすのぶ 1613〜1685)といいます。幕府により鍛冶橋に屋敷を拝領した探幽につづき、尚信は竹川町に、安信は中橋に屋敷を拝領して3兄弟で御用絵師となり、後に奧絵師四家と呼ばれる狩野家の体制が確立します。そのため江戸時代を通じた狩野派の歴史を見るとき、始点としての3兄弟の存在が非常に重要です。
しかし尚信・安信の画業は探幽の陰に隠れ、これまでほとんど紹介されてきませんでした。本展では、探幽・尚信・安信の作品を一堂に展示することで3兄弟の画業を明らかにし、江戸狩野派の成立期にそれぞれが果たした役割を具体的に検証します。
江戸時代を通じて画壇の頂点に君臨し続けた江戸狩野派。その基礎を築いた探幽3兄弟の画業をご覧ください。

展示替え
3月17日に大幅に展示替えを行います。
出品作品は予告なく変更になる場合があります。

後期出品予定の変更
狩野尚信〈雲龍・竹下虎図屏風〉(真田宝物館)は一隻ずつ展示します。
3月18〜23日は左隻(虎)、3月25〜30日は右隻(龍)。

前期を見ると後期は半額!
本展前期の有料チケットの半券を提示すると、後期は正規料金の半額で観覧できます(1枚につき1回限り有効)
但し、65歳以上・障害者等、他の割引との併用はできません。

作品保護にご協力ください。
本展では国の重要文化財を含め、各地の美術館、所蔵家の方々より、貴重な作品を拝借しております。作品保護のため、照明、温度、湿度を保つよう、文化庁よりご指導いただいております。会場内では、外の気候との温度差や展示室の場所によって寒く感じられる場合があります。上着などをお持ちになり調節してくださいますようお願いいたします。

2月16日から板橋区立美術館を通るバスのダイヤが変わります。印刷物掲載の時刻表と異なります。ご注意ください。
成増駅北口発 増17系統 区立美術館経由 高島平操車場行き
高島平駅発 増17系統 区立美術館経由 成増駅北口行き
美術館へのアクセスはこちら

関連イベントはこちら

出品リスト(PDF)はこちら
PDFをご覧になるには、Acrobat Reader が必要です

images
狩野探幽「雪中梅竹鳥図襖」名古屋城総合事務所・重要文化財・前期展示予定

images
狩野探幽「富士山図屏風」(部分)板橋区立美術館・後期展示予定

images
狩野探幽「群虎図襖」南禅寺(京都府)・重要文化財・後期展示予定

images
狩野尚信「松図襖・壁貼付」元離宮二条城事務所・重要文化財・前期展示予定

images
狩野尚信「富士見西行・大原御幸図屏風」板橋区立美術館・前期展示予定

images
狩野尚信「雉子に牡丹図」金地院(京都)・後期展示予定

images
狩野安信「竹虎図屏風」浄福寺(奈良県)・前期展示予定(片隻ずつ展示)

images
狩野安信「十六羅漢図」
萬福寺(京都府)・前期展示予定
images
狩野安信「若衆舞踊図」愛知県美術館・後期展示予定

images
狩野探幽・尚信・安信「板倉重昌像・鷹図・馬図」長圓寺(愛知県)・前期展示予定





Copyright (C) 2014 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。