板橋区立美術館 表紙へ
image

2012年6月30日(土)〜8月12日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日 但し7/16は祝日のため開館し、翌日休館

一般600円
高・大生400円
小・中学生150円

20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり
毎週土曜日は、小・中・高校生は無料で観覧できます。

観覧料の割引についてはこちら

【主催】
板橋区立美術館
日本国際児童図書評議会(JBBY)

2012イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展


イタリア・ボローニャ国際絵本原画展は、世界最大の規模を誇る絵本原画コンクールとして知られています。2012年は世界60ヶ国2685人ものイラストレーターから応募があり、その中から日本人7人を含む19ヶ国72人(組)の作家が入選となりました。 板橋区立美術館では、その全入選作品を展示します。また、特別展示として、台湾のアーティスト、ペイジ・チューの絵本作品をあわせて紹介いたします。また、会期中には、絵本に関するさまざまなイベントも予定しています。

■ イタリア・ボローニャ国際絵本原画展とは・・・
毎年イタリアの古都ボローニャで開催される児童書専門の見本市「ボローニャ・ブックフェア」には、児童書出版を取り巻く多くの人々が世界中から集まります。そこは、商業的な取引の場所であり、情報を交換し、新たな出会いや企画を生み出す場でもあります。このブックフェアに伴うイベントとして「ボローニャ国際絵本原画展」は1967年に始まりました。子どもの本のために描かれた作品を5枚一組にすれば誰でも応募できることから、新人イラストレーターの登竜門としても知られています。 本展の魅力は、絵本表現の「多様性」です。毎年世界中から集まる多数の応募作品を、国籍の異なる5人の国際審査団が厳正に審査します。そこでは多くの絵本を出版している有名作家の作品も、出版歴のない新人作家の作品も同一のテーブルに並べられ、審査員が新しい魅力を感じれば全く無名のイラストレーターも入選することができるのです。

■ 今年の特別展示は・・・
2010年、ボローニャ・ブックフェアとスペインのSM財団によって、ボローニャ展入選者の中から35歳以下を対象にしたボローニャSM出版賞が創設されました。今年の特別展示では、第2回受賞者のペイジ・チューを紹介します。チューは台湾出身で、イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学び、現在はロンドンと台湾を拠点に活動しています。チューの絵本作家としてのデビュー作『鉛の兵隊』(El soldado de plomo、2012年)は、アンデルセンの原作に現代的な解釈を加えたお話です。本展では、『鉛の兵隊』の原画全15点を、過去3回のボローニャ展入選作品とともに特別に展示します。

■ボローニャ・ラガッツィ賞 Bologna Ragazzi Award
ボローニャ・ブックフェアでは、すでに出版されている絵本を対象にした「ボローニャ・ラガッツィ賞」を授与しています。板橋区立美術館の会場では、今年のラガッツィ賞を受賞した絵本もあわせてご紹介します。イラストレーションやテキストのみならず、ブックデザインや印刷技法など、総合的な絵本の魅力をご覧ください。

■カフェ・ボローニャ Cafe Bologna
ボローニャ展の会期限定でカフェがオープンします。手作りのお菓子と軽食の他、作家のオリジナルグッズや洋書も含む関連絵本も充実しています。会期中毎日OPEN 10:00〜17:00

2012ボローニャ展 ポスターのおはなし

関連イベント情報はこちら

ワークショップ、イベントなどの開催報告は、こちらでご覧になれます

巡回案内は、こちら

images
エミリー・ランド(イギリス)「犬の一日」
images
カトリーン・シュタングル(ドイツ)「クマのように強く」

images
ジュリア・サグラモーラ(イタリア)「家族アルバム」
images
今井 彩乃(日本)「イソップ物語」

images
小輪瀬 護安(日本)「はたらくくるま:工事車両」
images
アリレザ・ゴルドゥズィヤン(イラン)「ニーム・マン・ブーグ」

images
ユン・ジンシル(韓国)「ぬいぐるみのウサギと女の子」
images
ペイジ・チュー(台湾)「鉛の兵隊」

images
ロベルト・ダヴィッド(イタリア)「ディルダの散歩」
images
ビオレータ・ロピス(スペイン)「『島にこぶし』のためのスケッチ」




Copyright (C) 2012 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。