板橋区立美術館 表紙へ
image

2012年2月25日(土)〜3月25日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

一般600円/高・大生400円/小・中学生150円(毎週土曜日は高校生以下無料)

観覧料の割引についてはこちら

主催
板橋区立美術館・朝日新聞社

企画協力
津和野町立安野光雅美術館

協力
JBBY

安野光雅の絵本展

絵本、絵画、エッセイなど幅広い分野で活躍を続ける安野光雅(1926年生まれ)。本展は、その40年以上におよぶ絵本作家としての仕事を紹介する展覧会です。鮮烈なデビュー作となった『ふしぎなえ』(1968年)をはじめ、近作『絵本 三國志』(2008年)までの代表的な絵本の原画を一堂に展示いたします。200点にも及ぶ展示作品を「ふしぎ」「数学」「物語」「古典」「風景」などのテーマごとに分けて展示し、安野光雅の絵本制作の全貌に迫ります。国際アンデルセン賞、ケイト・グリナウェイ賞をはじめとする国内外の重要な賞を数多く受けている安野光雅。今回は、その創作活動を回顧する又とない機会です。

さらに、板橋区立美術館では皇后陛下美智子さまのご著書『橋をかける』、『バーゼルより』、『どうぶつたち』の表紙原画(宮内庁所蔵)を特別に展示いたします。

また、本展の展示家具は、家具デザイナーの小泉誠氏によるものです。展示会場で、遊び心あふれる安野光雅の世界をお楽しみください。


関連イベントはこちら


images
『旅の絵本V』

images
『ふしぎなえ』
images
『ふしぎなえ』(表紙)

images
『ふしぎなたね』
images
『がまの油 贋作まっちうりの少女』


images
『あいうえおの本』

images
『津和野』より「青野林道から」

images
『天動説の絵本』

掲載作品はすべて (C)空想工房2012 津和野町立安野光雅美術館蔵



Copyright (C) 2012 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。