板橋区立美術館 表紙へ
image

2011年5月14日(土)〜6月19日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

無料

主催
板橋区立美術館

展示内容
油彩・デッサン・資料


館蔵品展
戦争と日本近代美術
特集展示 末松正樹とペルピニャン



日本は1931年の満州事変から1945年の終戦まで15年もの間、いわゆるアジア太平洋戦争期にありました。

画家たちの中には1938年の国家総動員法、翌年の国民徴用令により、兵士として従軍し、軍による「作戦記録画」制作に携わることになった人もいました。1941年に画家の福沢一郎と詩人で美術評論家の瀧口修造がシュルレアリスムと政治との関わりについて治安維持法違反の嫌疑で逮捕されると、1930年代に盛り上がりを見せていたシュルレアリスム風の絵画は影を潜めました。その頃には絵具などの画材も配給制となり、画廊も次々と閉鎖され、画家たちの制作や発表の場も制限を受けました。戦地や空襲により亡くなった画家もいます。戦後もまた戦争体験やそれに対する画家の考えをもとに制作が続けられています。

また特集展示として、末松正樹による戦中から晩年までの作品をまとめてご紹介します。1939年に渡仏した末松は、戦中にフランスで捕虜となりながらもデッサンに励み、戦後に帰国した後も抽象的な絵画を発表し続けました。

本展では、板橋区立美術館のコレクションの中から戦中に描かれた作品から戦後の基地問題を取り上げた作品までを、画材の配給票などの資料と共にご紹介いたします。「戦争」を日本の芸術家たちがどのように考え、とらえたかを考える展覧会です。

関連イベントはこちら
特集展示についてはこちら


images
新海覚雄〈貯蓄報国〉1943年
板橋区立美術館
images
小川原脩〈ヴィナス〉1937年
板橋区立美術館

images
佐田勝 〈廃砲A「戦利品A」〉1939年
板橋区立美術館
images
池田龍雄
〈僕らを傷つけたもの―1945年の記憶―〉
板橋区立美術館


特集展示「末松正樹とペルピニャン」
末松正樹(1908-1997)は新潟に生まれ、幼い頃より絵を描いていましたが、その専門に進むことを選ばず、1933年に上京した後は勤めの傍ら、高校時代より興味を持っていたドイツのモダンな舞踊「ノイエ・タンツ」を学びました。
彼は1939年にパリで行われた日本舞踊展覧会に出演するために渡仏し、第二次世界大戦勃発後もフランスにとどまり、フランスの美術学校へ通い、芸術家たちと交流を深めました。1940年、彼はマルセイユの日本領事館の仕事に携わります。その3年後、マルセイユにも戦火が迫ってきたため、彼はスペインに逃れようと試みましたが、国境に程近い街、ペルピニャンで捕虜となり、1年あまりフランス軍の監視下に置かれました。外出も不自由な生活の中、紙と鉛筆を手にした彼はひたすらデッサンに励みました。
終戦の翌年(1946年)、末松は日本に帰国し、その後は戦中のフランス美術を紹介する文章を執筆し、抽象的な絵画を発表しました。今回は、板橋区立美術館のコレクションの中から末松がフランスで軟禁中に描いたデッサンと帰国後の絵画作品をご紹介いたします。

images
末松正樹〈作品(1945.3.23)〉1945年
板橋区立美術館
images
末松正樹〈風の領域〉1979年
板橋区立美術館







Copyright (C) 2011 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。