板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 2010(平成22年度)展覧会案内

4月3日(土)〜5月9日(日) 館蔵品展 お江戸の絵画は大賑わい
江戸幕府に仕えた絵師には狩野派と住吉派があります。この二つの流れをたどりながら幕府御用絵師の移り変わりを第一室で見てゆきます。第二室では、南蘋派(なんぴんは)をはじめ谷文晁派や浮世絵派など、様々な展開の絵師たちの姿を見てゆきます。これらによって江戸の絵画界の賑わいを見ていただきます。また展示室の一角には畳敷きの大広間を再現し、本物の屏風を直接ご覧いただくコーナーを作ります。
入場無料

5月15日(土)〜6月27日(日) 館蔵品展 日本の美術運動
美術作品が生まれる背景には当時の美術界の動きや社会状況に対する画家の関心が影響しています。今回は所蔵作品の中からいくつかの美術の動きをとりあげ、紹介します。20世紀に入り、日本にはプロレタリア美術運動、ダダ、シュルレアリスム、そして戦後にはコンセプチュアルアートなど様々な運動がヨーロッパをはじめ、海外から紹介されました。それらの運動が受容され、日本で発展する様子を作品、資料と共にご紹介いたします。
入場無料

7月10日(土)〜8月15日(日)
 2010イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 特別展示 タシエス
毎年恒例の展覧会です。北部イタリアの美しい街、ボローニャから、約450点の絵本原画がやってきます。今年は、87人のイラストレーターが入選、その中には13人の日本人イラストレーターが含まれています。会期中は、絵本に関連した様々なイベントを開催し、絵本と手作りパンの店「カフェ・ボローニャ」もオープンいたします。
一般600円/高校・大学生400円/小・中学生150円

9月4日(土)〜10月11日(祝) 江戸文化シリーズNo.26 諸国畸人伝
江戸時代には文化が全国に広まり、各地の絵画界にも個性的な画家たちが出てきました。茨城の林十江、大坂の中村芳中、土佐の絵金、京都の曾我蕭白など、多才な画家たちが独自の画風を示しました。彼らの絵は畸人(きじん)と呼ぶにふさわしい奇抜な表現と斬新な視覚によって描かれています。各地を代表する畸人を10人程選んで代表作を一堂に並べ、江戸時代絵画の面白さを味わっていただきます。陳列替えあり
一般600円/高校・大学生400円/小・中学生150円

10月20日(水)〜11月14日(日) 区民文化祭
板橋区在住の書家・美術家による作品と、区民による美術作品などを展示いたします。
書家作品展  10/20〜10/24
美術家作品展 10/27〜10/31
区民書道展  11/4〜11/7
区民美術展  11/10〜11/14
10/24・10/31・11/7・11/14は3時で閉館します
入場無料

11月20日(土)〜1月10日(祝)
20世紀検証シリーズNo.2 福沢一郎絵画研究所
福沢一郎は、1924年にフランスに渡り、当時流行していたシュルレアリスム絵画に直接触れて帰国しました。彼は1937年頃に本郷動坂の自宅に「福沢一郎絵画研究所」を開設します。そこには全国から若い絵描きが集まり、講義を受け、デッサン会を開き、福沢の指導を受けました。ここに学んだ山下菊二、早瀬龍江、眞島建三、堀田操、岩崎鐸らをはじめとする様々な分野で戦後活躍した画家たちの作品を、当時の雰囲気とともにご紹介いたします。
一般600円/高校・大学生400円/小・中学生150円

1月15日(土)〜 2月20日(日) 区立小・中学校作品展
板橋区内の小中学生による美術作品などを展示いたします。
中学校書き初め展     1/15〜1/20
中学校美術展       1/22〜1/30
小学校児童作品展(前期) 2/2〜2/9
小学校児童作品展(後期) 2/11〜2/20

入場無料

2月26日(土)〜3月27日(日) 「発信//板橋//2011」
板橋の美術の現状と魅力を探るため、板橋区ゆかりの作家との協働により、新しい形での作家の展覧会を開催いたします。テーマにふさわしい区内作家と他の地域の作家をコミッショナーを交えて選定し、新旧の作品を展示することにより、現代美術の最新の傾向をご紹介いたします。
一般300円/高校・大学生100円/小・中学生無料

2月25日(木)〜2月28日(日) 佐藤太清記念 中学生絵画展
「佐藤太清記念青少年美術奨励基金条例」により、全国の中学生から公募した作品の入選作を展示します。また「佐藤太清公募美術展」(京都府福知山市主催)の巡回展が同時開催されます。
応募要項は、こちらをご覧ください。

会場:板橋区立グリーンホール(板橋区栄町36-1)
※美術館では開催されませんのでご注意ください。
※最終日(27日)は、12時に閉館します。
入場無料





Copyright (C) 2010 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。