板橋区立美術館 表紙へ


image

2009年5月16日(土)〜6月28日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日


無料

開館30周年記念 館蔵品展
幻惑の板橋〜近現代編〜

日本のシュルレアリスム

 板橋区立美術館では1979年の開館以来、江戸の美術と戦前・戦後の前衛派を中 心に作品収蔵を続けてまいりました。本年は開館30周年にあたり、コレクショ ンの中から名品や当館ならではの作品を選りすぐってご紹介いたします。第1 期は近世編、第2期が近現代編です。

 近現代編の中心となるのは、戦前の1930年代から日本の画家たちが描き続けた シュルレアリスム(超現実主義)風の作品です。フランスを中心に1920年代か ら流行したこの様式は、眼に見える現実をそのまま描くのではなく、意識を超 えたものを追求しました。日本の画家たちはこのような作品を雑誌で知り、独 自の解釈を加えた作品を描き発表しました。

本展では、戦前から戦後にかけて の日本のシュルレアリスム絵画、約70点を紹介します。


連続講演会「再考、日本のシュルレアリスム」はこちら

images
早瀬龍江「自嘲」1951年

images
渡辺武「祈り」1938年


Copyright (C) 2009 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。