板橋区立美術館 表紙へ
image

2008年7月12日(土)〜8月17日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日 但し7/21(祝)は開館、翌日休館

一般600円
高・大生400円
小・中学生150円
20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり
毎週土曜は小中高生無料

【主催】
板橋区立美術館
日本国際児童図書評議会(JBBY)

【巡回案内】
西宮市大谷記念美術館
2008年8月23日〜9月28日

四日市市立博物館
2008年10月4日〜11月3日

石川県七尾美術館
2008年11月7日〜12月7日

長島美術館
2008年12月13日〜2008年1月11日

 
2008イタリア・ボローニャ
国際絵本原画展


イタリア・ボローニャ国際絵本原画展は、世界最大の規模を誇る絵本原画コンクールとして知られています。今年は世界54ヶ国2598人ものイラストレーターから応募があり、その中から日本人作家20人を含む23ヶ国99人の作家が入選となりました。今年も板橋区立美術館では、その入選作品を展示します。

■イタリア・ボローニャ国際絵本原画展とは・・・
イタリア中北部の古都ボローニャで毎年開催されている絵本原画コンクールの入選作品による展覧会です。イタリアでの開催は42回を数え、板橋区立美術館での開催は28回目を迎えます。このコンクールは、世界で唯一の児童書専門の見本市(Bologna Children’s Book Fair)に伴うイベントの1つとして、1967年に始まりました。子どもの本のために制作された作品を5枚1組にすれば誰でも応募できることから、世界中の新人イラストレーターたちの登竜門としても知られています。  ボローニャ展の魅力は、その「多様性」にあるといえます。毎年世界中から沢山の応募があり、国籍の異なる5人の審査員により、厳正に審査が行われます。そこでは、多くの絵本を出版している有名作家の作品も、まだ出版歴のない新人の作品も、同一のテーブルに並べられます。審査員が新しい才能を感じれば、まったく無名のイラストレーターも入選することができるのです。

■今年も日本人作家が大活躍!・・・
20人の日本人イラストレーターが入選を果たし、多くの方々がボローニャにもやってきました。 その中には海外で活躍をしているイラストレーターも多く含まれ、その動向はボローニャでも注目を集めています。

■今年の特別展示は・・・
ドイツの若手イラストレーター、アイナール・トゥルコウスキィ(1972年生まれ)は、昨年スロヴァキアで開催された「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」でグランプリに輝きました。鉛筆の卓越した技術による驚異的な細密さと、白・黒・灰色の美しいグラデーション、そして動物と機械が織りなす繊細で独特の世界をお楽しみ下さい。19点の作品を展示します。

関連イベント情報はこちら







Copyright (C) 2008 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。