板橋区立美術館 表紙へ
館蔵品展
板橋美術百貨展
 


image

2008年5月24日(土)〜7月6日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

無料

展示内容
油彩画、コラージュ、ミクストメディア、写真、他 約65点
+マックス・エルンスト「博物誌」全34点

私たちはいつも表現して生きています。靴や洋服を選ぶこともりっぱな表現なのです。 その意味で私たちはアーティストだといえるのかもしれません。

表現のプロであるアーティストたちは、自分たちの見たものや考えをよりオリジナルなものにするため、いろんな試みをしてきました。20世紀、物質的に豊かな時代を迎えたアーティストたちは、キャンバスに絵筆で「描く」ことから発展させて様々な技法、素材の作品を生み出してきました。

「板橋美術百貨」展では、20世紀の日本の美術運動をリードしてきた選りすぐりの約70点をご用意いたしました。 これまで、あまり公開されることのなかった、多種多様なアートワークを「描く」「貼る」「撮る」の3つのアクションに分けて一堂にご紹介いたします。

また、今回は特別企画として、シュルレアリスムの先駆者で、日本の現代美術にも大きな影響を与えた作家、マックス・エルンストの「博物誌」(1926年)全34点を一挙公開いたします。



関連イベント
展覧会記念ギャラリートーク

今回の出品作家、靉嘔(あいおう)さんをお招きし、作品の前でお話いただきます。

6月1日(日)2:00〜2:40ごろまで(予定)
当館展示室にて、聴講無料
事前予約不要、当日2時までに展示室へおいでください。
終了しました。約40名の皆様にご来場いただきました。ありがとうございました。



Copyright (C) 2008 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。