板橋区立美術館 表紙へ

image

2008年4月5日(土)〜5月18日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日
(ただし5/5、6は開館し、5/7は閉館)

無料

館蔵品展
絵師がいっぱい
お江戸の御用絵師と民間画工

 江戸時代、江戸では徳川幕府の御用絵師である狩野派や住吉派の画家たちや、民間の画工である浮世絵師など、さまざまな流派の画工たちが活躍し、絵画の注文のために日々筆をふるっていました。やがて武家・町人の階層を越えた交流がはじまり、様々な流派の画工たちが刺激を受けあうことによって多くの名作が生み出され、大江戸画壇は活気に充ちていきました。

 今回は館蔵品によって、こうした官民両画工の多様な姿を展示いたします。また、お座敷コーナーでは屏風を露出展示し、作品を直にご覧いただきます。お江戸の絵師たちの息遣いをご体感ください。


関連イベント
「日本美術講演会」

当館の館蔵品ではカバーできない日本美術の各分野から、第一級の講師陣をお迎えします。

4月12日(土)「俵屋宗達」終了しました
仲町啓子(実践女子大学教授)

4月26日(土)「楽しい江戸絵画」終了しました
榊原 悟(群馬県立女子大学教授)

5月3日(土)「鈴木春信」終了しました
小林 忠(学習院大学教授)

5月5日(月・祝)「彦根屏風と狩野長信」終了しました
黒田泰三(出光美術館学芸課長)

5月10日(土)「室町水墨画の東と西〜関東水墨画をめぐって〜」終了しました
相澤正彦(成城大学教授)

5月17日(土)「18世紀の京都画壇」
佐藤康宏(東京大学大学院教授)
終了しました

・・いずれも・・ 午後2時より約90分、当館講義室にて、聴講無料、先着100名。


画家名現代タイトル作品名制作年技法
サイズ(cm)
1狩野春雪いにしえの武士たち源義経・楠木正成図屏風1678年
(延宝6)
紙本金地著色
(各)156.0×175.0
2狩野栄信
(伊川院)
家路山水図屏風江戸時代紙本墨画
(各)161.1×341.2
3作者不詳あの美女に一目ぼれ見立夕顔図屏風江戸時代紙本金地著色
137.2×326.8
4英一蜂身分が違うぞ士農工商図屏風江戸時代紙本著色
(各)154.0×358.6
5定信 印富士山十二変化富士十二景図押絵貼屏風江戸時代紙本墨画
(各)126.6×49.7
6狩野正信ひょっこりと…蓮池蟹図室町時代紙本著色
97.1×45.4
7狩野元信 印大詩人、ロバと旅する東坡騎驢図室町時代紙本墨画
39.0×26.1
8狩野内膳モノトーンの世界山水人物花鳥貼交屏風桃山時代紙本墨画
(各)114.9×45.0
9伝 狩野探幽風神&雷神風神雷神図屏風江戸前期紙本淡彩
(各)114.0×349.8
10狩野典信
(栄川院)
チャイニーズ・キッズ唐子遊図屏風江戸時代紙本金地著色
(各)164.9×359.4
11狩野章信お雛さまのヒ・ミ・ツ内裏雛図1809年
(文化6)
絹本著色 描表装
(総寸法)106.0×77.7
12沖一峨お好みの花の絵はどれ?花鳥図江戸時代絹本著色
(各)117.0×47.3
13狩野了承秋風にそよそよ…秋草図屏風1834年
(天保5)
紙本金地著色
(各)125.0×313.6
14狩野探淵元気な男の子 万歳!鷹図江戸時代絹本著色
(各)117.1×53.7
15住吉弘定季節はめぐる徒然草 四季之段図江戸時代絹本著色
70.3×99.6
16住吉具慶和歌の名手ベスト36三十六歌仙画帖江戸時代絹本著色
(各)15.1×13.9
17諸葛監ガオッ! オイラはトラだ松ニ虎図江戸時代絹本著色
110.0×45.0
18宋紫石中国の小鳥牡丹小禽図江戸時代絹本著色
125.6×34.6
19藤田錦江エサに向かって今からジャンプ花鳥図江戸時代絹本著色
97.4×29.7
20加藤信清お経で書いたお坊さん五百羅漢図1791年
(寛政3)
紙本著色
130.0×57.1
21渡辺玄対うまそうな小魚みつけたぞ柳に翡翠図江戸時代絹本著色
126.0×40.8
22谷文一浮き出る富士山富士山図1804年
(文化元)
絹本淡彩
46.1×73.5
23遠坂文雍このブドウ 君にあげるよ葡萄ニ栗鼠図江戸時代絹本墨画
90.3×32.2
24椿椿山なぞなぞの絵君子長命図1837年
(天保8)
絹本著色
108.7×44.3
25野口幽谷スピード泳ぎは大得意池水遊鯉図江戸時代絹本著色
55.2×100.5
26岡本秋暉警戒するクジャク渓流孔雀図江戸時代絹本著色
156.5×71.6
27岡田閑林小鳥と花の大合唱花鳥図押絵貼屏風江戸時代絹本著色
(各)70.1×35.9
28酒井道一黄金に映える桐と菊桐菊流水図屏風明治時代絹本金地著色
(各)171.8×172.6
29作者不詳流行のダンス大小の舞図寛文期紙本著色
38.9×25.5
30歌川豊春飲んで遊んでどんちゃん騒ぎ邸内遊楽図江戸時代絹本著色
30.8×45.0
31勝川春潮お兄さんと一緒喫煙若衆図江戸時代絹本著色
99.6×45.7
32川又常正行かないで青楼遊客図江戸時代紙本著色
94.6×32.5
33鳩鳩斎栄里何かご用?芸妓図江戸時代紙本著色
95.0×37.4
34水野蘆朝白粉を整えて いざ出勤狆と芸妓図1821年
(文政4)
絹本著色
93.5×32.9
35司馬江漢月に誘われ夜のお散歩月下柴門美人図江戸時代絹本著色
80.7×25.6
36菊池容斎のぞいちゃダメよ塩冶高貞妻出浴図1867年
(慶応3)
絹本著色
114.4×47.8
37酒井抱一カボチャ顔の市兵衛さん大文字屋市兵衛像江戸時代絹本著色
18.4×15.1
38鈴木其一魚採りは楽しいぞ漁父図江戸時代絹本著色
106.6×44.1
39柴田是真ネズミちゃん、気づいてないな猫鼠を覗う図明治時代絹本著色
132.1×42.3
40柴田是真今月のおすすめ十二ヶ月短冊帖明治時代絹本著色
(各)35.6×6.2



Copyright (C) 2008 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。