板橋区立美術館 表紙へ
image

前期
2006年4月15日(土)〜5月21日(日)
後期
2006年5月23日(火)〜6月25日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

無料

館蔵品展
これが板橋の狩野派だ!

 板橋区立美術館では、古美術コレクションの中核として、400年の狩野派の歴史のなかから「江戸狩野派」の作品にスポットをあて、25年以上にわたり作品を収集し、調査・研究を行ってまいりました。「狩野派」といえば、作品をご覧になったことのある方、幕府御用絵師として日本最大の画派であったことをご存知の方も多いと思います。しかし、狩野派の歴史の全貌は一般にあまり知られていないのが実情です。
 本展では、当館所蔵の江戸狩野派作品より傑作を選りすぐって、狩野派の実体をわかりやすく解説し、作品の題名なども現代風に改めて紹介します。また、本物の屏風を間近に鑑賞できる「お座敷コーナー」を設けました。
 ともすれば難しく取られがちな「狩野派」ですが、楽しくご覧いただけるようにさまざまな工夫を凝らした展覧会です。本展を通して少しでも狩野派の画家たちに親しみを持っていただき、その400年の歴史を感じていただければ幸いです。


また、本展覧会に合わせ、当館所蔵の狩野派作品を網羅した 「狩野派全図録」が刊行されました。
ぜひ、合わせてご覧ください。


関連イベント情報はこちら



展示風景を紹介しています






Copyright (C) 2006 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。