板橋区立美術館 表紙へ
image

前期
2005年4月23日(土)〜5月29日(日)
後期
2005年5月31日(火)〜7月3日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日

無料

館蔵品展
江戸狩野派ってなに?

 「江戸狩野派」とは、どのような絵師集団だったのでしょうか?  本展では、当館の古美術コレクションの中心である江戸狩野派による作品を一挙に公開し、その実体に迫ります。
 江戸狩野派は、狩野派の始祖・正信以来、京都に本拠地を置いていた狩野家を、徳川幕府の開府とともに江戸に移した狩野探幽によって、創始されました。従来、粉本主義によって想像力を失った画派であると思われてきた江戸狩野派ですが、近年の調査により多彩な変容を遂げていたことが判明しつつあります。
 本展では、そうした江戸狩野派の実体をわかりやすく解説し、作品の題名なども現代風に改めて紹介します。また、本物の屏風を間近に鑑賞できる「お座敷コーナー」も設けました。
 ともすれば難しくとられがちな「狩野派」ですが、楽しくご覧いただけるようにさまざまな工夫を凝らした展覧会です。本展を通して、少しでも狩野派の画家たちに親しみを持っていただければ幸いです。



image
大黒図 狩野典信

NO.新タイトル作家名旧タイトル材質
前期の展示(2005 4/23〜5/29)
1いい眺めだなあ、富士山・三保の松原は狩野探幽富士山図屏風紙に墨描き・淡い着色
2伝説の武士たち狩野春雪源義経・楠木正成図屏風紙の一部に金箔を貼り着色
3四季の草花と鳥狩野探雪四季花鳥図屏風絹に着色
金泥金箔で飾る
4秋冬おめでたコレクション狩野惟信(養川院)秋冬松竹梅小禽図屏風紙に金箔貼り
墨と淡い着色
5初日の出の富士狩野探幽富士山図絹に墨描き
6まっ白な富士山桃田柳栄富士山図紙に墨描き・淡い着色
7長生きしたいよ 西王母さま狩野常信西王母図絹に着色
8蜃気楼の観音さま狩野周信蛤観音図絹に着色
9花と鳥〜室町風狩野宗信花鳥図押絵貼屏風絹に墨描き
10平安のものがたり狩野尚信大原御幸・富士見西行図屏風紙に墨描き・淡い着色
11ひそかなデート清原雪信源氏物語 浮舟図絹に着色
12流れに遊ぶ小鳥たち融女寛好渓流小禽図絹に着色
13寛永寺でお花見狩野即譽寛永寺参詣図屏風紙に着色・金砂子をまく
14誘う女英一蝶朝妻舟図絹に着色
15飲みすぎですよ、一休さん英一蝶一休和尚酔臥図紙に墨描き・淡い着色
16奥様、和歌を詠む狩野章信美人図絹に着色
17恋の鞘当て狩野探信(守道)浮世美人風俗図紙に着色・金砂子をまく
18ドデカ大黒狩野典信(栄川院)大黒図絹に着色
19秋風にそよそよ・・・狩野了承秋草図屏風紙の一部に金箔を貼り着色
20鷹はどこだ?狩野養信(晴川院)鷹狩図屏風絹に着色
21チャイニーズ・キッズ狩野典信(栄川院)唐子遊図屏風紙の一部に金箔を貼り着色
22写しちゃいました狩野探原花鳥図絹に着色
23日本美・3点セット狩野栄信(伊川院)雪月花図絹に着色
24五色の牡丹狩野邦信牡丹図絹に着色
25釣れんのう・・・河鍋暁斎太公望図絹に墨描き・淡い着色
26ドラゴン・タイガー最終決戦河鍋暁斎龍虎図屏風紙に金箔貼り・墨描き
27四季はめぐり人は働く狩野探龍四季風俗図巻絹に着色
NO.新タイトル作家名旧タイトル材質
後期の展示(2005 5/31〜7/3)
1春は花と謳い、秋は水辺に憩う鳥たち狩野永叔梅桜小禽図屏風
(裏・菊ニ鶴図屏風)
表 絹に着色
裏 紙に着色
2極楽の花と鳥狩野惟信(養川院)四季花鳥図屏風紙に着色
金砂子をまく
3人生イロイロ狩野寿信徒然草図屏風紙に着色
金箔を貼り金砂子をまく
4風神&雷神伝 狩野探幽風神雷神図屏風紙に墨描き
淡い着色
5夏と冬の鳥たち清原雪信花鳥図屏風紙に墨描き
金砂子をまく
6なかよし雀融女寛好梅花双雀図絹に着色
7四季に遊ぶ鳥狩野常信四季花鳥図屏風紙に着色
金砂子をまく
8身分が違うぞ英一蜂士農工商図屏風紙に着色
9お雛さまのヒ・ミ・ツ狩野章信内裏雛図絹に着色
10青ざめた牡丹狩野栄信(伊川院)花鳥図絹に着色
11平家秘話〜忠度と経正狩野栄信(伊川院)平家物語図絹に着色
13夏・秋・冬の山岳風景狩野栄信(伊川院)山水図屏風紙に墨描き
14中国の鹿と鶴狩野養信(晴川院)群鹿群鶴図屏風絹に着色
15源氏平家の紅白合戦狩野一信源平合戦図屏風
(裏・龍虎図屏風)
紙に着色
金箔を貼り金砂子をまく
16桃と長生きの関係は・・・狩野寛信(融川)桃花西王母図絹に着色
17元気な男の子万歳 !!狩野探淵鷹図絹に着色
18江戸の眺め狩野雅信(勝川院)御殿山筑波山遠望図絹に着色
19鍾馗の小鬼退治河鍋暁斎鍾馗ニ鬼図絹に着色
20ホネ・骨・ロック河鍋暁斎骸骨図紙に墨描き
21花・鳥・図説織物の作り方狩野周信花鳥・養蚕図巻絹に着色




Copyright (C) 2005 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。