板橋区立美術館 表紙へ
image

2004年12月4日(土)〜2005年1月10日(日)

午前9:30から午後5:00
(入館は午後4:30まで)

月曜日
(ただし1/10は開館し、翌日休館)
年末年始 12/28〜1/3

一般500円
高・大生300円
小・中学生100円
20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり
毎週土曜は小中高生無料

百歳以上の方とその付き添いの方一名は入館料無料・展覧会図録差し上げます


御長壽美術展  ごちょうじゅびじゅつてん

 本格的な高齢化社会を迎えている現在、「長寿」や「老い」を、美術作品を通して見つめ直した、ちょっと風変わりな題名の展覧会を開催いたします。

 展覧会の前半部では、伝説や物語、芸能の世界で古くから長寿者としてイメージされてきた「翁」「高砂の尉と姥」「浦島太郎」「寿老人」が描かれた作品を取り上げます。長寿の願いが込められたこれらの画題は、還暦をはじめとする賀祝いは勿論のこと、お正月や雛祭、婚礼や大漁祝いなど種々の祝い事の席で好まれました。
 後半部では、現実のお年寄りの姿を描いた作品を展示し、「長寿」と抱き合わせで浮かび上がる「老い」の現実に目を向けます。齢を重ねたゆえの味わい・魅力に溢れ、老いを生きるかつての私たちの姿との出会いを通じて、老いの本質を考えていただきます。

 長寿・老いをめぐる造形表現の数々を楽しむと共に、お年寄りの長寿を応援し、また未来のお年寄りである若い方が、年齢を重ねることも悪くない、と感じられる展覧会を目指します。

本展は次のように構成されています。

[1] 長寿とめでたさ
1.笑って舞って長寿の世界へ 翁
2.日本一の御長壽夫婦    高砂の尉と姥
3.不老長寿から白髪の爺へ  浦島太郎
4.七福神の星        寿老人と福禄寿

[2] 長寿を生きる
1.お年寄りのいる風景
2.人生の道を行く
3.肖像画に見る老い




左上 田家茶話 六老之図(部分)
右上 瑞亀之図
左下 万祝 高砂(部分)
右下 寿老人図(部分)


Copyright (C) 2004 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。