板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 2002(平成14年度)展覧会案内

image
歌川豊国 作
「風量てらこ吉書はじめけいこの図」(浮世絵)



2002年8/24(土)〜10/27(日)

午前9:30〜午後5:00まで
(入館は午後4時30分まで)

月曜日
(但9/16、23、10/14は開館し、翌9/17、24、10/15休館)

一般500円/高・大生300円
小・中学生100円
(20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり)

(送迎バス土日祝日のみ運行)

今昔文字変化 (いまむかしもじへんげ)

 私たちの周りには様々な字体の文字があふれています。インターネットの世界では絵文字が文字に表せない気持ちを伝えてくれています\(^o^)/。しかし、江戸時代の人々も私たちに負けず劣らず日常生活の中で「文字」を楽しんでいました。江戸時代の大衆にとって、文字がいかに身近な存在であったかは、江戸の日常を描いた浮世絵や、絵本や黄表紙などの出版物にあらわれています。
 本展では、江戸の生活を豊かにした書や文字の多様な表現を展示します。書の優品から、人々と文字との生活を描いた浮世絵、庶民の娯楽である黄表紙、看板、着物、相撲の化粧回しなど、江戸の文字文化を紹介する様々な作品を展示します。当時の人々の暮らしに入り込んだような楽しさのある展覧会になっています。
 また、ワークショップやイベントなどを通して現代の私たちの日常生活の中にあふれる文字の中に新たなおもしろさを発見して頂きたいと考えています。

■ 展示構成
文字を書く
寺子屋の子どもたちや遊女が書物に親しむ姿を描いた浮世絵、江戸時代の教科書である「往来物」など。
文字で伝える
江戸の町にあふれる看板・ビラ・のれんの風景浮世絵や江戸文字(浄瑠璃、歌舞伎、相撲、寄席など特定の業界しか使わない文字)の世界。浄瑠璃本・芝居番付・相撲番付・寄席ビラなど。
文字を遊ぶ
庶民の楽しみ、文字を使ったなぞなぞのような「文字絵」や、善玉悪玉のような文字のキャラクター。素朴なおかしさが現代人には逆に新鮮です。
文字で飾る
美しい文字で飾られた屏風・着物。陶器・蒔絵硯箱・太刀などの工芸作品。
文字を見る
茶室に飾る古筆・墨跡や画帖。江戸の人々が伝達の道具としてだけでなく文字そのものに美を見いだしていたことを伺うことができます。手紙からは描き手の人物像が伝わってきます。伊達政宗書の屏風、藤原定家の色紙、小堀遠州の箱書き、豊臣秀吉の手紙など。

※全141点。会期中展示替えあり。



 作者名
作品名
所蔵先展示期間 2002年
8/24
|
9/16
9/18
|
9/23
9/25
|
10/6
10/8
|
10/27
1歌川国芳
幼童席書会
くもん子ども研究所  
2歌川豊国
風流てらこ吉書はじめけいこの図
くもん子ども研究所  
3菊川英山
風流子宝きそ初め
くもん子ども研究所  
4歌川国貞
稚芸能琴碁書画
くもん子ども研究所  
5北尾政演
吉原傾城 新美人合自筆鏡
東北大学附属図書館   
6北尾政演
吉原傾城 新美人合自筆鏡
東京都江戸東京博物館 
7喜多川歌麿
万字屋内藤江 まつの まつき
東京都江戸東京博物館   
8喜多川歌麿
青楼十二時 続 戌ノ刻
神奈川県立歴史博物館   
9歌川国貞
江戸名所百人美女の内 湯島天神
東京都江戸東京博物館   
10歌川国貞
江戸名所百人美女の内 新大はし
東京都江戸東京博物館  
11歌川豊国
瀬川路考(三代目菊之亟)の葛の葉狐
神奈川県立歴史博物館  
12河鍋暁斎 
書画会の図
個人蔵  
13歌川広重
風流書画会之図
東京都江戸東京博物館   
14磯田湖龍斎
三井親和像
東京藝術大学  
15
席書之熟字
東京都立中央図書館
東京誌料文庫
  
16
御家商売往来
東京国立博物館
17
御家流江戸往来
東京都江戸東京博物館 
18岡田玉山著・滝沢馬琴序
実語教絵抄
東京国立博物館
19
庭訓往来
東京国立博物館
20葛飾北斎画
絵本庭訓往来
東北大学附属図書館   
21沢田吉著
女今川
東京国立博物館
22奥田松柏軒著・吉田半兵衛画
女用訓蒙圖彙
東京都立中央図書館
加賀文庫
  
23渓斎英泉
当世松の葉 夕霞浅間嶽 一仲節の反古模様
神奈川県立歴史博物館   
24渓斎英泉
当世まつの葉 傾城音羽の滝 新内ふしの反古そめに做
神奈川県立歴史博物館   
25渓斎英泉
音曲今容姿
神奈川県立歴史博物館  
26鳥居清長
箱根七湯名所 そこくら
神奈川県立歴史博物館  
27歌川国貞
浄瑠璃八景 河東 江戸桜(廓中の花雨)
東京都江戸東京博物館   
28歌川国貞
浄瑠璃八景 常磐津 荵売(墨水の夕月)
東京都江戸東京博物館   
29
渡辺つな引并鬼平親王車隠
早稲田大学演劇博物館
30
げんじゑぼしをり
早稲田大学演劇博物館
31
千載集
早稲田大学演劇博物館
32
傾城反魂香
早稲田大学演劇博物館   
33
心中宵庚申
早稲田大学演劇博物館  
34
国性爺合戦
早稲田大学演劇博物館   
35
菅原伝授手習鑑
早稲田大学演劇博物館   
36
義経千本桜
早稲田大学演劇博物館  
37
仮名手本忠臣蔵
早稲田大学演劇博物館   
38登鶴筆
菅原伝授手習鑑 四段目寺子屋の段
豊竹呂勢大夫   
39四代目 竹本大嶋太夫筆
義経千本桜 三段目すしやの段
豊竹呂勢大夫  
40北聲堂可笑筆
仮名手本忠臣蔵 三段目殿中刃傷の段
豊竹呂勢大夫   
41
菅原伝授手習鑑 四段目寺子屋の段
早稲田大学演劇博物館   
42
義経千本桜 三段目すしやの段
早稲田大学演劇博物館  
43
仮名手本忠臣蔵 三段目殿中刃傷の段
早稲田大学演劇博物館   
44歌川豊国
中村座内外の図
国立劇場
45葛飾北斎
新板浮絵三芝居顔見世大入之図
国立劇場
46歌川芳梅
三代目嵐璃寛の当狂言尽
国立劇場
47篁竹里著・歌川豊国画
絵本戯場年中鑑
早稲田大学演劇博物館
48
顔見世番付
早稲田大学演劇博物館
49
辻番付 菅原伝授手習鑑
早稲田大学演劇博物館   
50
辻番付 義経千本桜
早稲田大学演劇博物館  
51
辻番付 仮名手本忠臣蔵
早稲田大学演劇博物館   
52
役割番付 仮名手本忠臣蔵
早稲田大学演劇博物館
53
役割番付 江戸花三升曽我
早稲田大学演劇博物館
54初代ビラ清
春日のビラ
集古庵ミュージアム
55
万竹のビラ
集古庵ミュージアム
56
昔はなし
集古庵ミュージアム
57歌川国周
はなしの花さか里の大よせ
集古庵ミュージアム
58
相撲番付(宝暦13年10月)
財団法人日本相撲協会   
59
相撲番付(明和3年10月)
財団法人日本相撲協会  
60
相撲番付(安永4年3月)
財団法人日本相撲協会   
61
相撲番付(天明8年4月)
財団法人日本相撲協会   
62
相撲番付(寛政2年3月)
財団法人日本相撲協会  
63
相撲番付(寛政7年3月)
財団法人日本相撲協会   
64三井親和筆
谷風 化粧廻し
個人蔵
65歌川広重
東都大伝馬街繁栄之図
神奈川県立歴史博物館   
66歌川広重
名所江戸百景 大伝馬町こふく店
足立区立郷土博物館   
67歌川広重
名所江戸百景 大てんま町木綿店
足立区立郷土博物館  
68歌川広重
名所江戸百景 するが町
足立区立郷土博物館   
69歌川広重
名所江戸百景 日本橋通一丁目略図 
足立区立郷土博物館  
70歌川広重
江都名所 志ん橋の図
神奈川県立歴史博物館   
71歌川広重
名所江戸百景 下谷広小路
足立区立郷土博物館   
72歌川広重
名所江戸百景 上野山した
足立区立郷土博物館  
73歌川広重
名所江戸百景 上野山した
東京都江戸東京博物館   
74歌川広重
名所江戸百景 金杉橋芝浦
足立区立郷土博物館   
75歌川広重
名所江戸百景 神田紺屋町
足立区立郷土博物館  
76歌川広重
東都名所 猿若町顔見世錺物
神奈川県立歴史博物館   
77歌川広重
名所江戸百景 浅草金龍山
足立区立郷土博物館  
78歌川広重
名所江戸百景 浅草金竜山
東京都江戸東京博物館   
79歌川広重
名所江戸百景 びくにはし雪中
東京都江戸東京博物館   
80歌川広重
名所江戸百景 びくにはし雪中
足立区立郷土博物館  
81歌川広重
名所江戸百景 佃しま住吉の祭
東京都江戸東京博物館   
82歌川広重
名所江戸百景 佃しま住吉の祭
足立区立郷土博物館   
83鳥居清長著画
絵本物見岡
東北大学附属図書館
下巻
  
上巻
84鳥居清長著画
絵本物見岡
東京都江戸東京博物館
上巻

上下巻

上下巻

下巻
85葛飾北斎画
東都勝景一覧
東北大学附属図書館
上巻

下巻

下巻
 
86池大雅筆
薬屋看板 あか万能膏
株式会社日本スタデオ
87
腹痛の薬(熊瞻木香丸)
株式会社日本スタデオ
88
飴屋看板
株式会社日本スタデオ
89山東京伝著・北尾政美画
大極上請合売 心学早染草
東京都立中央図書館
加賀文庫
   
90山東京伝著画
亥春新鐫悪魂後編 人間一生胸算用
東北大学附属図書館  
91山東京伝著
堪忍袋緒〆善玉
東京都立中央図書館
加賀文庫
   
92山東京伝著
酒神餅神 鬼殺心角樽
東京都立中央図書館
加賀文庫

〜9/7
   
93山東京伝著・喜多川歌麿画
延命長尺 御誂染長寿小紋
東京都立中央図書館
加賀文庫
  
94葛飾北斎
六歌仙(喜撰法師)
株式会社東京羊羹本舗
95伝後陽成天皇
天神図
個人蔵
96東園
百人一首富士之図
仙台市博物館
97加藤信清
五百羅漢図
板橋区立美術館
98河鍋暁斎
しるこ
株式会社東京羊羹本舗
99万亭応賀著・歌川広重画
狂字図句画
東京国立博物館
100山東京伝著画
奇妙圖彙
東京都立中央図書館
加賀文庫

〜9/7
   
101葛飾北斎画
新略畫早指南
東京都立中央図書館
特別買上文庫
  
102園果亭義栗画
字尽絵鏡
たばこと塩の博物館  
103
大小暦貼込帖
長谷部コレクション
104
平家納経(摸本)
東京国立博物館
105
舟橋蒔絵硯箱(模造)
東京国立博物館  
106
井出玉川蒔絵硯箱
東京藝術大学  
107
梨地塩乃山蒔絵毛抜形太刀
東京国立博物館
108尾形乾山
銹絵梅図長方皿
(財)高津古文化会館
109懐月堂安度
黒地歌留多散らし衣裳の遊女
神奈川県立歴史博物館   
110
白綸子地南天菊籬に草紙模様縫小袖
国立歴史民俗博物館  
111
黄縮緬地桜樹短冊模様友禅染縫切付小袖
国立歴史民俗博物館  
112
鬱金絖地桐段雪輪模様絞縫小袖
国立歴史民俗博物館  
113
染分縮緬地竹垣文字模様絞染小袖・染分綸子地竹垣唐松文字模様染縫切付小袖
国立歴史民俗博物館  
114伊達政宗筆
菊花図
仙台市博物館
115土佐一得
源氏物語色紙貼交屏風
東京国立博物館 
116三井親和
詩書屏風
東京国立博物館  
117貫名海屋
草書前赤壁賦屏風
堺市博物館 
118八百屋善四郎編・葛飾北斎画
江戸流行 料理通大全
東北大学附属図書館   
119玉塵園雪住作・三代歌川国重・梅泉・岳亭春信画
茶番今様風流二編
たばこと塩の博物館  
120藤原定家
小倉色紙
五島美術館  
121藤原定家
小倉色紙
東京国立博物館  
122伝藤原公任
小色紙
東京国立博物館  
123伝藤原佐理
筋切
東京国立博物館  
124藤原定信
石山切(貫之集)
東京国立博物館  
125伝源俊頼
下絵拾遺抄切
東京国立博物館  
126一休宗純
一行書
東京国立博物館  
127沢庵宗彭
一行書
東京国立博物館  
128江月宗玩
一行書
東京国立博物館  
129清巌宗渭
一行書
東京国立博物館  
130松平定信編
茶室起し絵 遠州好(高台寺方丈二有茶室)
東京国立博物館
131内箱 伝小堀遠州  外箱 伝松平不昧
箱書(熊川茶碗 銘 千歳)
五島美術館
外表

内表

内表

内裏
132伝小堀遠州
箱書(瀬戸瓢形茶入 銘 春慶瓢箪)
五島美術館
総表

総裏

袋表

茶入表
133小堀遠州
茶杓 歌銘 玉川
五島美術館  
134
古筆手鑑「披香殿」
川崎市市民ミュージアム
135土佐光成
六歌仙画帖
板橋区立美術館
136住吉具慶
三十六歌仙画帖
板橋区立美術館
137豊臣秀吉
書状
五島美術館  
138豊臣秀吉
書状
堺市博物館  
139
豊臣秀吉画像
堺市博物館
140高台院
消息
仙台市博物館
141
高台院画像
高台寺掌美術館


Copyright (C) 2002 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。