板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 2002(平成14年度)展覧会案内

2002 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

image

2002年7/13(土)〜8/18(日)

午前9:30〜午後5:00まで
(入館は午後4時30分まで)
土日祝日は、午後6時まで開館

月曜日

一般500円/高・大生300円
小・中学生100円
(20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり)

(送迎バスは毎日運行)


主催・会場 板橋区立美術館
後   援 日本国際児童図書評議会
協   賛 アリタリア航空
特別展示 エリック・バトゥ

 板橋区立美術館で、22年目をむかえるボローニャ展。毎年世界中から、最新の絵本原画が多数集まり、人気を集めています。
 この展覧会は、イタリア北部の都市ボローニャで開催されている絵本原画のコンクール入選作品による展示です。
 さらに、今回の特別展示は去年のBIBグランプリ受賞作家、エリック・バトゥー(フランス)です。図録の表紙も描きおろしでお願いしました。詩情あふれる絵本原画36点をお楽しみいただけます。

 板橋区立美術館では会期中、絵本に関するさまざまなイベントを開催いたします。各種講演会、イラストレーター向けのワークショップ、子どもたちと絵本を楽しむコース、一般の方への講座、オリジナル作品が気軽に手に入る「イラストフリマ」、展覧会鑑賞のための一時保育など、もりだくさんです。みなさまのご参加をお待ちしています。

Eric Battut 作家プロフィール
エリック・バトゥー Eric Battut
1968年、フランスに生まれる。カレッジを卒業後、リヨンの美術アカデミーに入学。『めぐる月日に』『ペローの青ひげ』でBIB世界絵本原画展グランプリ受賞。詩情にあふれ、あたたかみのある作品は多くの人々を魅了している。

image
左「心を揺さぶる砂」(2001年)
右「10月にえさをたくわえる」(「めぐる月日に」2002年よ り)


展示内容
■ フィクション部門    93作家  467点
■ ノン・フィクション部門 13作家  62点
■ 特別展示        36点
                 計 565点

今年度入選者総数
■ フィクション部門
93人(うち日本人12人)総応募者数:60カ国2067人
■ ノン・フィクション部門
66人(うち日本人6人)総応募者数:36カ国 375人



Copyright (C) 2002 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。