板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 収蔵作品
絹本著色、106.6cm×44.1cm、江戸時代
漁父図(ぎょふず)
鈴木 其一(すずき きいつ)

 青葉色が鮮やかに光ります。鈴木其一(1796〜1858)は江戸後期の琳派(りんぱ)の巨匠・酒井抱一の門人でした。その流派の中でも、鋭い感覚を持ち合わせた異才であったと言えます。基一は、染め物屋の息子として生まれました。抱一の門人となったのも、初めは染め物の下絵を描く技術を学ぶためでした。
 この「漁父図」では、崖や岩が極端に強弱のある線で描かれ、不思議なバランスを保っています。また、すべての岩肌に少しずつ入る青の色使いには、現代でも通用するデザイン性も感じられます。漁を楽しむ人々の奥には、一人釣りを楽しむ姿もあり、自然としぜんに親しむ時代をほほえましく眺めることができます。

SUZUKI Kiitsu

板橋区立美術館 ねっとび




Copyright (C) 2006 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。