板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 収蔵作品
油彩・キャンバス、116.8cm×91.0cm、1940年
岩と花(いわとはな)
大沢昌助(おおさわ しょうすけ)

 初秋の雲が流れている。人面岩の岩肌に、夏草がまだ生い茂っている。裸体の二人は、仕事の帰路であろうか。アダムとイブの神話的世界をかり、自然とモダニズムの造形美を見事に調和させた世界をつくりだしている。注意すべき点は、この作品が皇紀2600(1940)年の戦時統制期に描かれた絵であることである。作者は神話世界を描くことで平和を願ったのだろうか。
 大沢昌助(1903〜1997)は東京生まれの二科会の作家で、一時多摩美大の教授などを歴任した。

OHSAWA Shousuke

板橋区立美術館 ねっとび


Copyright (C) 2005 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。