板橋区立美術館 表紙へ
伝説のマジック(でんせつのまじっく)
伊藤研之(いとう けんし)

板橋区立美術館 収蔵作品
油彩・キャンバス、116.7cm×90.7cm、1939年
 大空に浮かぶ一本足のテーブルはレースに覆われ、卵とシルクハットがのせてある。画面左下には女性が小さく描かれ、彼女が棒を一振りするともくもくした煙とともにハトが現れる。まるで映画のワンシーンを見ているかのようだ。ここに描かれたマジックは、だれもが一度は目にしたことのあるオーソドックスなものである。が、マジックは幾度となく、私たちに心のときめきを与えてくれる。ハトが現れた瞬間に感じる思いは、いつまでも変わらない。画面はそんな雰囲気に包まれている。
 伊藤は明治40年、福岡市大名町に生まれ、早稲田大学文学部仏文科を卒業。在学中に二科展に初入選し、以後二科展のために尽力する一方、地元地域文化へも貢献した。享年71歳。

ITO Kenshi

板橋区立美術館 ねっとび


Copyright (C) 2004 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。