板橋区立美術館 表紙へ
板橋区立美術館 収蔵作品
絹本著色、103.2cm×31.6cm
江戸時代
蝦蟇仙人図(がませんにんず)
長谷川雪堤(はせがわ せってい)

 長谷川雪旦の息子、雪堤は江戸から明治にかけて活躍した絵師であり、父に画を学んだ。
 蝦蟇仙人は、中国の列仙伝中の一仙人で、蝦蟇を使って妖術を行ったという。鉄拐(てっかい)仙人と対で描かれるものも多く、この画は中国仏画の模写であるとされる。 蝦蟇仙人は通常、地上に描かれるが、ここではうねる波の上に乗る。両手に三本足の蝦蟇を抱き、左腰には虎の皮、瓢箪、霊芝らしきものを付けている(霊芝とは万年茸のこと)。
 着物がなびく程の海風を背に受け、日本へと進む姿には勇ましさを感じる。愛する蝦蟇をじっと見つめる表情には、親しみをも覚える。

HASEGAWA Settei

板橋区立美術館 ねっとび


Copyright (C) 2003 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。