板橋区立美術館 表紙へ
ボローニャにいくイラストレーターのための児童図書展情報2003年版
2003年3月15日制作 松岡希代子

情報は刻々と変化します。現地での確認をお願いします。
また、情報は正確を期していますが間違いの場合の責任をとることができません。ご自身での確認をお願いいたします。

新しい見本市DOCET
今年より、新しい見本市DOCETが開かれます。
会場は、児童図書展の会場の奥のパビリオン。

中ではいくつかの展覧会と、イべントなどが企画されています。
以下抜粋でご案内。

◇ 新しいピノッキオ展
場所 パビリオン34
日本でも話題のいろいろな形で表現されたピノッキオの展覧会。

◇ 夢展
鉛筆と筆という副題のついた展覧会。

◇ 世界のイラストレーター展
ボローニャ展のような、世界中から集められたイラストレーションの展覧会

◇ ロベルト・インノチェンティ講演会
4月6日(日)12:00〜
日本でもおなじみのインノチェンティのボローニャラガッチ特別ノミネートを記念してお話を伺います。

◇ 本の販売
また、DOCETでは世界の本の販売も予定されているようです。



ボローニャにいくイラストレーターのための児童図書展情報2003
会期
児童図書展より一日遅れの
2003年4月3日(木)〜6日(日)

入場料
児童図書展とは別に入場料がかかると聞いています。(正確なことは不明)
内容
学校関係の設備や書籍など。

DOCETについてのお問い合わせは、
板橋区立美術館では受け付けていません。


ボローニャ国際絵本原画展 トップへもどる



Copyright (C) 2003 Itabashi Art Museum. All rights reserved.
掲載されている全ての画像、テキストの無断転用、転載をお断りします。