BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2017.09.23

講演会「江戸の花鳥画を「読む」愉しみ」

本日9月23日(土・祝)に今橋理子氏(学習院女子大学教授)による講演会を開催しました。(参加者101名)
「江戸の花鳥画を「読む」愉しみ」というテーマでお話いただきました。
IMG_1383

美しい花や生き生きとしたいきものが描かれた作品が花鳥画は、「見る」ことで気持ちがやすらいだり、癒されます。
今日は見るだけでなく作品が作られた江戸時代の文学や博物図譜の流行など、当時の時代背景などから「読み解く」面白さや、花鳥画の愉しみ方を教えて頂きました。

例えば、現在展示してある作品でも多いネコと蝶の組み合わせは、中国の謎語(めいご)を知ることで、表現だけでなく、作者からのメッセージを読み解くことができます。

1995年度にサントリー学芸賞を受賞した今橋先生のご著書『江戸の花鳥画―博物学をめぐる文化とその表象』(スカイドア、1995年)も、江戸時代の花鳥画を知る上では欠かせない本です。
現在は展示しておりませんが、当館所蔵の狩野養信「鷹狩図屏風」についても触れられており、花鳥画作品を見るのがより一層愉しくなります。
2017年1月に文庫版としても発売され、お手にとりやすくなっています。

「館蔵品展 江戸の花鳥画」もいよいよ残り約2週間となりました。
9月30日(土)、10月7日(土)には学芸員によるギャラリートークを行います。
14:00〜14:30、申込不要、参加無料、当日直接2階展示室ロビーへお越しください。

2017.09.16

ギャラリートーク2回目

本日9月16日(土)「館蔵品展 江戸の花鳥画」のギャラリートークを行いました。(参加者21名)
雨が心配される中、お集まり下さってありがとうございました。

第1室では、屏風作品を中心に、幕府の御用絵師である狩野派の様々な表現をご覧いただきました。
室町の作風を伝える作品から、やまと絵風、中国絵画の模写まで、江戸狩野派は案外と表情豊かです。
写真は、狩野宗信《花鳥図押絵貼屏風》の前にて、水墨の筆致について説明しているところです。
IMG_1309-300x225

第2展示室では、写実的な花鳥画を描いた「南蘋派」の作品、酒井抱一をはじめとした江戸琳派、
さらに特定の画派に属さない魅力的な作品までをご覧いただきました。
IMG_1349-300x225

写真の左手前に展示しているのは、琳派の絵師・山本光一《狐狸図》です。
「きつねとたぬき」というこのお約束の取り合わせが、
幕末~明治頃には、すでに対で表現されているのがわかります。
IMG_1365-300x225

詳しい作品の説明は板橋区立美術館公式ツイッター古美術のインスタグラムでもご覧頂けます!

ギャラリートークは9月30日(土)、10月7日(土)にも行います。
いずれも14時から30分程度、参加無料、申込不要です。

また、来週の9月23日(土)には今橋理子氏(学習院女子大学教授)による記念講演会「江戸の花鳥画を「読む」愉しみ」を開催します。
当館1階講義室にて、14:00~15:30。申込不要、聴講無料、先着100名です。

どうぞ気軽にお立ち寄りください!

2017.09.09

ギャラリートーク1回目

本日9月9日(土)に開催中の「館蔵品展 江戸の花鳥画」のギャラリートークを行いました。(参加者38名)
この展覧会は第1室で江戸狩野派による作品を、第2室で江戸の民間で活躍した絵師の作品を展示しています。

第1室では、幕府の御用絵師として伝統を守りながらも、時代の変化に合わせて様々な表現に挑戦する狩野派の作品をご覧いただき、みどころをお話ししました。
IMG_1283 2

IMG_1285 2

第2室では、南蘋派の流行、江戸琳派から近代の台頭を感じる作品まで、幅広く展示しています。
活気づいた民間画壇の様子を感じて頂けたでしょうか。
IMG_1288 2

詳しい作品の説明は板橋区立美術館公式ツイッター古美術のインスタグラムでもご覧頂けます!

ギャラリートークは9月16日(土)、30日(土)、10月7日(土)にも行います。
いずれも14時から30分程度、参加無料、申込不要です。

また、9月23日(土)には今橋理子氏(学習院女子大学教授)による記念講演会「江戸の花鳥画を「読む」愉しみ」を開催します。
当館1階講義室にて、14:00~15:30。申込不要、聴講無料、先着100名です。

どうぞ気軽にお立ち寄りください!

2017.09.01

明日から「館蔵品展 江戸の花鳥画」はじまります

いよいよ明日9月2日(土)から「館蔵品展 江戸の花鳥画ー狩野派から民間画壇までー」がはじまります。
HP3
HP2
HP4
室内にいながら草木や鳥を愛で楽しむことのできる「花鳥画」は、時代や流派を問わず描き継がれてきました。
江戸狩野派が様式を確立し、民間画壇が充実した江戸時代には、花鳥画の表現・技法もより多彩になり、魅力溢れる作品が数多く生まれました。
本展では、第1室で江戸狩野派による花鳥画をご紹介します。江戸狩野派は、幕府の御用絵師として安定した制作を行う一方、新たな表現にも挑み続けました。花鳥画においても、その貪欲な姿勢が見て取れます。
第2室では、写実的で色鮮やかな宋紫石や諸葛監らによる南蘋派、江戸琳派の酒井抱一や鈴木其一が手掛けた、洗練された作品をはじめ民間画壇の花鳥画を幅広く展示します。

さらに今回は全作品が撮影できます!
ぜひお気に入りの作品を探してみてください。

そして、狩野了承(りょうしょう)「秋草図屏風」が展示ケース越しではなく、直接ご覧いただけます。
HP1

どうぞお楽しみに!

2017.09.01

2018年度ボローニャ国際絵本原画展 応募について

来年度のボローニャ展の応募が始まっています。
ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアのHPをご覧ください。
作品の応募締切は2017年10月4日(消印有効)です。

出品規定の日本語訳(抄訳)など応募について当館HPにアップしました。
(正式なものは、ブックフェアHPの英語・イタリア語版とします)
応募される方はこちらを参考にしてください。