BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2017.04.15

館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」 親子でたのしむギャラリートーク

本日は親子でたのしむギャラリートークを行いました。

館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」を、担当学芸員と参加者でお話をしながら鑑賞しました。
今日は3枚の絵を取り上げ、約30分みんなで展示室を巡りました。

最初の作品は、寺田政明《灯の中の対話》(1951年)です。
絵の中に描かれたものや形に注目して想像しながら、みんなでお話をします。

news170415-1-300
学芸員(以下、学)「何が描かれているだろう?」
参加者(以下、参)「ねずみさんがおしゃべりしている。ろうそくがある。」
「ねずみさんの眼がこぼれるくらい大きい。」
学「ねずみさんたちはどこにいるんだろう?」
参「あな。」「秘密基地。」「屋根裏かな。」
学「どこか狭いところなのかな。どんなお話をしているんだろう?隣の人と話してみてください。」
参「友達の思い出話かな。」
学「どんなポーズをしているかな?手の動きはどうだろう?」
参「左のねずみは立っていて、右のねずみは座っているかな。」
学「色はどうかな?」
参「青。」「白。」「赤。」
学「近くでよく見ると、色々な色が混じっているね。」
このようにみんなで話しながら鑑賞は進みました。

《灯の中の対話》の作者の寺田政明は戦後、板橋区前野町(通称ひぐらし谷)にアトリエを構え、以降板橋に暮らしました。
参加者にもおなじみの地域だったので、より作家を身近に感じてもらえたようです。
鳥や虫など生きものを描いた寺田政明。
ろうそくを挟んで2匹のねずみが生き生きとおしゃべりをしているこの作品から、作家の優しい人柄がしのばれます。

次の作品は芥川(間所)沙織《女》(1955年)です。

news170415-2-300
学「この絵のタイトルは何かな。探してみてください。」
参「女。」
学「この人はどんな気持ちなんだろう。」
参「怒っている。」「悲しんでいる。」
学「なぜ怒っていると思う?」
参「とげ。(髪の毛が逆立っている)」「眼が赤い。」「叫んでいる。」
学「何と叫んでいるのだろう。隣の人と話してみてください。」…

寺田政明《灯の中の対話》は油絵でしたが、この作品はろうけつ染めです。
染めによる表情を間近で見てみました。

最後の作品は、井上長三郎《寓話》(1959年)です。
幅2mほどの大きな絵です。
遠くから眺めたり、近づいたりして、よく見てみます。

news170415-3-300
学「ここでは何が起きているだろう?何が描かれているだろう?」
参「人がいる!」
学「何人の人がいるだろう?」
参「…4人いる。」
学「それぞれ何をしているのだろう。」

みんなで4人が何をしているのかおしゃべりしました。
左上の人は隣の人の声をうるさがっているように見える。
右上の人は大きく口を開けて、大声で笑っているのか。
右下の人は左下の人におしりを指されてびっくりしている…など。

絵の右上の黒い影が鳥やこうもりのようで気になるという声もありました。
みんなで絵を見ると、1人では気づけないことに注目することができますね。

学「作者はどんなことを描きたかったのだろう。隣の人と想像してみよう。」
参「同じ場所にいるけど、いろんな感情をそれぞれ持っている。」

作家は、人間の世界では実はみんな勝手にばらばらなことを行っていることを描いたそうです。
学校や会社でもそうかもしれないねという話をしました。

30分という短い時間でしたが、みんなで1つの作品についてお話することで、思いがけない発見が生まれました。

本展覧会での親子でたのしむギャラリートークは今日限定でしたが、
次回のギャラリートークは、5月6日(土)14:00より開催します。
ご参加は無料です。当日2階展示室ロビーへ直接お集まりください。

(参加者13名)

2017.04.13

今週末4月15日(土)は、親子でたのしむギャラリートーク

館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」開催中です。

今週末4月15日(土)は親子でたのしむギャラリートークを行います。
絵の中に描かれたモノや形に注目して、担当学芸員が参加者とお話をしながら作品を鑑賞します。
朝10:00より30分程度、ご参加は無料、当日展示室ロビーへ直接お集まりください。
大人の方だけでもご参加頂けます。皆様のご参加お待ちしております!

※画像は昨年の館蔵品展でのギャラリートークの様子です。展示作品は異なります。

news170413-300
今日の美術館前の様子です。
だいぶ暖かくなり、桜もそろそろ見納めです。
公園のお散歩とともに、展覧会にぜひお越しください。

▼館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」について詳しくはこちらをご覧ください。

news170413-2-300

2017.04.12

「パレットの上はどんな色?」参加者募集中!

技法入門シリーズ「パレットの上はどんな色?」参加者募集のお知らせです。
講師は画家の山本晶さん。
色をテーマにした全5回の講座です。
gihokoza2-300
gihokoza1-300
画像:講師によるイメージ写真

「パレットの上はどんな色?」
内 容:油絵の具、水彩絵の具、アクリル絵の具、コンテやクレヨンなどの画材でどんな色が出てくるか実験したり、身の周りの色を採取して、自分の色を見つけます。そして作品を作ってみます。
日 時:2017年5月13日、20日、27日、6月3日、10日 全5回 各土曜日 10:00〜12:30
講 師:山本 晶(やまもとあき/画家)
場 所:板橋区立美術館 講義室
費 用:9060円(受講費6870円+材料費2190円) 65歳以上の方には割引あり
定 員:20名(定員を越えた場合は、抽選)
対 象:高校生以上で全日程参加可能な方
持ち物:水彩筆、お持ちの画材(使いかけ可。新しく購入する必要はありません。)
申込み方法:往復葉書で、以下の事項(返信面にも住所、氏名)を明記の上、
板橋区立美術館(〒175-0092 板橋区赤塚5-34-27)まで
1、技法講座申込み 2、住所 3、氏名(ふりがな) 4、年齢 5、電話番号
6、以前に当館の講座を受講された方は講座名 7、返信面にも住所・氏名
※5月1日必着

【講師からのメッセージ】
あなたのパレットに乗っている色はどんな色でしょう?
減りやすい絵の具の色は? 服や靴でついつい買ってしまう色は?
好きな絵やデザインはどんな色調? 身近な色はどんな色をしている? その日の気持ちや味は色で表せるの?
油絵の具、水彩絵の具、アクリル絵の具、コンテやクレヨンなどの画材でどんな色が出てくるか実験したり、身の周りの色を採取して、自分の色を見つけます。そして作品を作ってみます。

yamamotoaki-300
講師作品:「架空線」2014年、油彩・キャンバス、112×162.5cm

講座で絵を描くのが初めての方も、日頃から絵を
描いている方も、ぜひお気軽にご参加ください!
お待ちしております。

2017.04.11

館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」ギャラリートーク

4月8日(土)は担当学芸員によるギャラリートークを行いました。
30人の方にご参加頂きました。

井上長三郎《漂流》(1943年/後年改作)(寄託作品)をご紹介しているところです。

news170408-5-300
大海原を漂う船の中で、疲労困憊した様子の7人の兵士が描かれています。
この作品の元となった事件は、日本兵が太平洋上を漂流後、駆逐艦に救出され帰還したというものです。
1943年の決戦美術展に《魂の生還》というタイトルで一度出品されましたが、主催する軍より、厭戦的で時局にそぐわないという判断が下され2日で撤去されました。
この作品では井上がニュースから知る事実をそのままに、冷静に描いているところが見てとれます。
大画面の迫力のある作品ですので、ぜひ会場でご覧ください。

次回のギャラリートークは、5月6日(土)14:00より開催します。

また、今週末4月15日(土)は10:00より親子でたのしむギャラリートークを行います。 
絵の中に描かれたモノや形に注目して、担当学芸員が参加者とお話をしながら作品を鑑賞します。

いずれもご参加は無料です。当日2階展示室ロビーへ直接お集まりください。
news170408-6-300

news170408-7-300

2017.04.08

館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」始まりました!

本日4月8日(土)より館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」が始まりました!

news170408-1-300

news170408-4-300

news170408-3-300

news170408-2-300
当館のコレクションに加え、近年寄贈、寄託された井上長三郎、山下菊二の作品を中心に、戦中・戦後の日本の社会や事件をテーマにした作品をご紹介しています。

また、「板橋の日本画」と題して当館が所蔵する平山郁夫、佐藤太清をはじめとする日本画家の作品も特別展示しています。

観覧は無料です。

本日は、本展担当学芸員によるギャラリートークがあります。
14時より50分程度、展示作家、作品についてお話しします。
ご参加は無料です。2階展示室ロビーへ直接お集まりください。

そのほかにも会期中にはさまざまなイベントを行います。

●記念講演会
6月10日(土)「絵画に託されたメッセージを読み解く」 
講師=大谷省吾氏(東京国立近代美術館美術課長)
当館1階講義室にて、14:00〜15:30。申込不要、聴講無料、先着100名、
当日会場へ直接お集まりください。

●ギャラリートーク
展示作家、作品について担当学芸員がお話しします。
日程:4月8日(土)、5月6日(土)
いずれも14:00より50分程度、参加無料、当日2階展示室ロビーへ直接お集まりください。

●親子でたのしむギャラリートーク 
絵の中に描かれたモノや形に注目して、担当学芸員が参加者とお話をしながら作品を鑑賞します。
日程:4月15日(土)
10:00より30分程度、参加無料、当日展示室ロビーへ直接お集まりください。

▼館蔵品展「絵画は告発する / 特別展示 板橋の日本画」
会  期:2017年4月8日(土)〜6月18日(日)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日:月曜日
観覧無料

美術館前の公園の桜も満開です!
ぜひお越しください。

2017.04.07

明日から!館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」

2017年度が始まりました!
明日4月8日(土)から6月18日(日)まで館蔵品展「絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画」を開催します。
「絵画は告発する」展では、コレクションの中から、戦中・戦後の社会や事件をテーマにした作品を紹介し、画家たちによる告発を読み解きます。
「板橋の日本画」展では、当館が所蔵する日本画家の作品を特別展示いたします。

展示作業風景をご紹介します。

news160407-1-300

news160407-2-300

休館日は毎週月曜日、観覧料は無料です。
展覧会会期中には、記念講演会やギャラリートークを開催します。
展覧会初日の明日4月8日(土)は、14時より担当学芸員によるギャラリートークを行います。
詳しくはこちら