BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2017.02.25

「長崎版画と異国の面影」展がはじまりました!

本日2月25日(土)より、「長崎版画と異国の面影」展がはじまりました。
江戸時代に長崎で、土産物として親しまれた長崎版画や版元の肉筆画など約150件展示しています。
ここまで長崎版画が揃う展覧会は大変珍しいです!

IMG_1967

IMG_1968
2月26日(日)の「長崎版画と異国の面影」展の担当学芸員によるスライドトークは都合により急遽中止となりました。代替日として3月19日(日)14:00〜から当館1階講義室にてスライドトークを行います。

3月26日(日)まで、会期中展示替え無し・盛り沢山の内容となっています。
どうぞお見逃しなく!
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex170225.html

2017.02.24

いよいよ明日から「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」展

明日2月25日(土)より、3月26日(日)まで、「長崎版画と異国の面影」展を開催します。

長崎版画は、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれました。
本展覧会では、長崎版画の多彩な魅力を紹介するとともに、肉筆作品を含め、それらを取り巻く諸相を探り、謎の多い長崎版画の実態に迫ります。
江戸時代の異国への眼差しが感じられる展覧会です。

今日も展示作業風景をお届けします。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

news160224-300

news1602242-300

展覧会について詳しくはこちらをご覧ください。

【スライドトーク延期のお知らせ】2月26日(日)の「長崎版画と異国の面影」展の担当学芸員によるスライドトークは都合により急遽中止となりました。代替日として3月19日(日)14:00〜から当館1階講義室にてスライドトークを行います。みなさまのご来館を心よりお待ち申し上げます。

2017.02.23

2017年度の展覧会スケジュール

板橋区立美術館のスケジュールがこちらにアップされています。
2017年度も、板橋区立美術館らしいラインナップとなっております。
どうぞお楽しみに!

そして、2016年度を締めくくる「長崎版画と異国の面影」展の詳細はこちらをご覧ください!
2月25日(土)から開催します。
長崎版画展、展示準備もいよいよ大詰めです!
DSCN7799

DSCN7805
ここまで長崎版画を揃えた展覧会は大変珍しいです。
どうぞお楽しみに!

2017.02.19

区立小中学校作品展 閉幕しました

板橋区立小中学校作品展は本日2月19日17時をもって終了いたしました。
今日も開館時間からたくさんの親子連れがいらしていました。

板橋区立美術館は2月20日(月)から2月24日(金)まで展示替えのため休館し、
2月25日(土)より、「長崎版画と異国の面影」展を開催します。

長崎版画は、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれました。
本展覧会では、長崎版画の多彩な魅力を紹介するとともに、肉筆作品を含め、それらを取り巻く諸相を探り、謎の多い長崎版画の実態に迫ります。
江戸時代の異国への眼差しが感じられる展覧会です。
展覧会について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex170225.html

chirashiomote
美術館の前の公園では梅が4分咲きといったところです。
まだ朝晩の寒さは厳しいですが、確実に春が近づいてきています。

news160219

2017.02.03

長崎版画と異国の面影展

板橋区立美術館では、2月25日(土)から3月26日(日)まで「長崎版画と異国の面影」展を開催いたします!
chirashiomote

長崎版画は江戸時代中期から100年以上もの間、長崎で版行され、主に土産物として親しまれていました。
当時、数少ない貿易都市であった長崎には、多くの人々が異国の情報や知識を入手しようと訪れました。
彼らの好奇心に応え、異国情緒あふれるものやニュース性の強い版画が版行されました。
しかし、外国人やその風俗を見ることができる人は限られていたため、現実と想像の入り交じった作品も多いです。
この展覧会では、未だ謎に包まれた長崎版画の多彩な魅力をご紹介します。

チケットは船の帆の形になっています。展覧会をご覧になった記念にしおりとしてもお使いいただけます。
C27DwwBUcAAKZBR

2月25日(土)から約一ヶ月間という短い期間です。
巡回もないので、板橋区立美術館でしかご覧頂けません。
どうぞお見逃しなく!