BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2015.11.29

ひよこ・たぬきアトリエ「変身かおパネをつくろう」

本日、ひよこ・たぬきアトリエ「変身かおパネをつくろう」が開催されました。
講師は、デザイナーの石川志保さんです。絵本作家としても活躍されており、知育工作絵本 「アルファペット」を出版されています。

151129-1

今回は、黒い画用紙に顔の大きさ位の穴をあけて、まわりに色紙や毛糸、リボンなどを貼ったり、好きな絵を描いて、顔のパネル「かおパネ」を作ります。

151129-2

151129-3

151129-4

色鮮やかな紙を選ぶ方が多く、テーブル上はとってもにぎやか!
大きい紙を目一杯使って、皆さん思いっきり表現を楽しんでいました。

完成後は、「かおパネ」を持って作品発表会。 そのあと、参加者全員で集まって記念撮影をしました。

参加された皆さんの作品より。楽しい雰囲気が伝わりますね。
時節柄、クリスマスの作品を制作している方も多く見受けられました。

151129-5 151129-7

151129-6  151129-9 151129-10   151129-8

今年の「ひよたぬ」は、今日で最後。

次回は、2月・3月に開催予定です。また来年も、ご参加をお待ちしております!

 

 

 

 

2015.11.28

「井上長三郎・井上照子展」スライドトークを行いました

「井上長三郎・井上照子展」が開会して早くも1週間が経ちました。

本日は、2か所でスライドトークを行いました。

11時からは赤塚図書館、14時からは美術館1階講座室にて、

作品の画像や夫妻のエピソードなどを中心にご紹介しました。

トークでは、井上夫妻がパリで滞在していたダケール街のアパルトマンや、

2人が通った画塾、アカデミー・グランド・ショミエールの現在の写真なども交えてお話しました。

 

次回のスライドトークは12月9日(土)。終了直前の26日(土)にも行います。

時間は14:00~15:00、場所は当館1階講義室です。

スライドトークに参加した後に作品を見ると、また違って楽しめます。

ご参加お待ちしております!

(合わせて14人の方にご参加いただきました。)

DSCN4139

 

2015.11.23

ケーブルテレビ「J:COM」の取材

本日、ケーブルテレビ「J:COM」(ジェイコム)が「井上長三郎・井上照子展」の取材に来ました。

番組内で、代表作品を中心にご紹介する予定です。

放送は11月25日(水)17:30からの「デイリーニュース」内にて。

再放送も同日の20:30、23:30にあるそうです。

板橋区・北区の方はぜひご覧ください。

DSCN2747

DSCN2749

2015.11.23

「井上長三郎・井上照子展」に寺田農さんご来館

先日、俳優の寺田農さんが井上長三郎・照子展を見にいらしてくださいました。

寺田農さんのお父様は、洋画家の寺田政明(1912-1989)です。

寺田政明は、井上長三郎(1906-1995)と同じ時代に池袋モンパルナスに暮らし、

戦中は共に新人画会を結成、戦後は板橋区に暮しています。

本展では撮影スポットを作りました。《礼装》の紳士と一緒に写真撮影ができます。

寺田農さん、ありがとうございました!

 

DSC_0044

 

2015.11.22

井上長三郎・照子展「いい夫婦の日」プレゼント

本日11月22日(日)は「いい夫婦の日」です。

板橋区立美術館では、井上長三郎・照子夫妻の展覧会にちなんで、夫婦、カップル、お友だち同士など

2名以上で一緒に観覧して下さる方先着100名に、展覧会オリジナルグッズ(非売品)を差し上げます。

グッズは、今回の展覧会出品作をパッケージにしたチョコレートと読書の秋にぴったりなオリジナルのしおりです!
井上長三郎の《紳士》と《犬》、照子が描いた《室内楽》を使いました。

DSCN2722 DSCN2724

夫婦に限らず、カップル、お友だち同士など2名以上であればOKなので、

大切な人とお越しいただき、2人の作品に囲まれてゆったりと時間を過ごしていただきたいです。

朝早くからたくさんの方にご来館いただいております。

ご来館お待ちしております!

 

2015.11.21

「井上長三郎・井上照子展」今日から始まりました!

本日「井上長三郎・井上照子展-妻は空気・わたしは風―」が開会しました。すっきりとしたお天気にも恵まれ、朝から熱心な方々がご覧になっています。

井上長三郎は、東京裁判やヴェトナム戦争といった社会的な内容や、
礼服姿の議員たちのような人間を風刺した作品などで知られています。
妻の井上照子は、植物や自然を見つめて描いた色彩豊かな絵画を描きました。二人の画風は全く異なり、それぞれが独自の存在感を放っています。

展示室では、長三郎による「妻について」のエッセイを読むことができます。夫婦は尊敬しあえる仲であること、など夫婦円満の秘訣が書かれています。展覧会タイトルにある「妻は空気・わたしは風」は、このエッセイから引用しています。

DSCN2676

作品はもちろん、夫婦の在り方についても考えさせられる展覧会です

明日11月22日(日)は「いい夫婦の日」です。

特別企画として、夫婦、カップル、お友だち同士など

2名以上で一緒に観覧して下さる方先着100名に展覧会オリジナルグッズ(非売品)を差し上げます。
大切な人とお誘いあわせの上、ぜひご来館ください!

2015.11.20

「井上長三郎・井上照子展」がいよいよ明日から開催

イタビでは、明日から20世紀検証シリーズ№5として、近現代絵画の企画展がはじまります。
「井上長三郎・井上照子展-妻は空気・わたしは風―」
井上長三郎(1906―1995)・井上照子(1911―1995)夫妻は、戦前から画家として活躍し、
戦後は板橋区に自宅兼アトリエを構えました。
同じ屋根の下で描かれた2人の画家の作品は、日本の近代絵画の中で独特な存在感を放っています。

写真は、行われていた展示作業の風景です。
会場をつくり、開梱した作品を仮置きし、壁に掛けて、照明を調整して・・・
徐々に展示会場がつくられていきます。

完成した展示会場で、お待ちしております。

DSCN2547

DSCN2554

 

2015.11.03

成増図書館でのスライドレクチャー

本日、成増図書館にて「井上長三郎・井上照子展」を楽しむための学芸員によるスライドレクチャーを行いました。
テーマは「井上長三郎・照子について」
それぞれの画業の変遷や特色に、展示作品をからめてお話ししました。
(17名参加)

同じ屋根の下で暮らした二人の画家の作品をじっくりご覧いただける貴重な機会です。

展覧会は、11月21日(土)からはじまります。

 

news151103