BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2015.07.18

ゆかたまつり

本日の美術館は「ゆかたまつり」
スタッフ一同、浴衣でお客さまをお迎えしました。

150718

2015.07.16

小学生鑑賞教室

今日は、小学生鑑賞教室が行われ、近くの小学校より4年生102名が来てくれました。

1階の講義室で展覧会についてのお話などを聞いた後、展覧会場へ向かいます。
展示室では、マナーをまもりながら、絵をよく見て一生懸命スケッチしていました。
みんな、お気に入りの主人公、見つけられたかな?

朝方はかなり雨が降っていましたが、行き帰りは雨もあがって一安心。
子どもたちは元気よく歩いて学校へ帰っていきました。

今度は、ご家族やお友だちとまたゆっくり見に来てくださいね。

150716-1

150716-2

2015.07.14

秋篠宮妃紀子さま

秋篠宮妃紀子さまが、ボローニャ国際絵本原画展ご覧のためにご来館されました。絵本にご関心をお持ちの紀子さまは、質問をまじえながら丁寧に作品をご覧になり、さまざまな国の イラストレーターたちによる、多様な絵本表現を楽しまれていました。

20150714-1

150714-2
入選作家の渡邊智子さんより説明を受け、熱心にご覧になっていました。

2015.07.12

ひよこ・たぬきアトリエ「版画で絵本をつくろう」

本日、ひよこ・たぬきアトリエ「版画で絵本をつくろう」が開催されました。
講師は、絵本作家のむらかみひとみさんです。

制作に入る前に、むらかみさんが初めてつくった絵本「まっくらなよるとばくのムー」を読み聞かせしてくださいました。子どもたちも、むらかみさんの作品世界にすっかり魅入られてしまったようです・・!

150712-2

そしていよいよ、制作へ。

 

n150712-1

薄い発泡スチロールでできたスチレンボードをいくつかの形に切り分けた後、フォークなどで模様をつけます。それを版にして、スポンジで絵具をつけていきます。

切ったボードを並べて、自分の好きな形を作っていくのですが、子どもたちは躊躇なく、鳥や魚、怪獣など、さまざまなキャラクターを生み出していて、さすがです。

150712-3

最後に製本をして、完成。かわいらしい絵本がたくさん出来上がりました。
今回は発表会をする時間がなく、こちらでお見せできないのが残念ですが、「こんなの作ったよ!」と見せに来てくれた子もたくさんいました。
おうちでもまた作ってみてくださいね。

 

2015.07.11

広松由希子さん講演会

本日は、ボローニャ国際絵本原画展の絵本研究家の広松由希子さんにお越しいただき講演会「3.11以降の絵本を読む」を開催しました。東日本大震災以降に国内で出版された絵本を中心に、独自の視点で選んだ絵本を丁寧に読み解いてくださいました。
広松さんは、3.11以降の絵本を幅広い視点で捉え、「定点観測」を続けていらっしゃいます。さらには、震災をきっかけに生まれた絵本だけでなく、すでに出版されていた絵本でも、震災の経験によって読み手の受け取り方が変わってくるという側面にも注目されていました。
震災から4年4ヶ月、思い出し、問い続けなければならないことがまだまだあります。さまざまな読み方を促し、考えるきっかけとなる絵本をご紹介いただきました。絵本は、作者や出版社が意図することだけでなく、大きな社会の流れの中から生まれてきているのではないか、というお話も印象的でした。(聴講約40人)
DSCN9884

ボローニャ展がオープンしてから雨続きでしたが、この週末は夏らしいお天気のようです。みなさまのご来館をお待ちしております。

2015.07.11

ボローニャ展の関連企画展

ボローニャ展入選者の展覧会が、都内各所で開催されています。
くわしくはこちら

2013年・2014年入選の見崎彰広さんの展示は国立で。7月14日まで。
花と銀行リトグラフ
アートスペース88
見崎彰広展
2015年7月9日~7月14日
artspace88.jimdo.com/

 

2011年入選者の伊藤亜矢美さんの個展も日本橋で始まりました。
itoayami
不忍画廊
”お天気でなにより” 伊藤亜矢美展
2015年7月10日~8月1日(日曜祝日休廊)
shinobazu.com

 

ブックハウス神保町の北見葉胡『えほん はりねずみのルーチカ』原画展は7月13日まで。http://www.bh-jinbocho.jp/

カフェ&ギャラリーパティナの「イランの絵本展」は7月19日までです。(水曜・第1木曜定休)http://cafepatina.wix.com/rabbit

2015.07.10

一時保育

本日、一時保育が行われました。お子さんをお預かりしている間、お母さんに展覧会の鑑賞をお楽しみいただくものです。いつも講演会などを行っている部屋が保育室となり、赤ちゃんたちでいっぱい。賑やかでした。
150710

2015.07.07

ボローニャ展特設ショップ

ボローニャ展の特設ショップでは、入選作品のポストカードや作家のオリジナルグッズ、こだわりのイタリア食材など、ほかではなかなか手に入らないものをたくさん取り揃えておりますので、こちらもお楽しみに。
DSCN9872DSCN9874 DSCN9873DSCN9853

2015.07.05

ボローニャ・ラガッツィ賞

ボローニャ・ブックフェアの重要なイベントの1つに、「ボローニャ・ラガッツィ賞」があります。原画展よりも1年早く1966年に始まり、今年で50回目を迎えました。賞の名称や部門には変遷がありますが、長年にわたって優れた児童書を紹介してきました。現在は「フィクション」「ノンフィクション」「ニューホライズン」「オペラプリマ(作家の第1作)」の4部門があり、板橋区立美術館のボローニャ展会場では今年受賞した絵本を展示しています。イラストレーションだけでなく、テキストやブックデザインなども含めて絵本全体を味わってください。

DSCN9869

こちらの親子が見ている絵本はノンフィクション部門で選ばれたフランスの絵本「驚異の部屋」。横長の大きな絵本を縦に開きます。

DSCN9871

 

 

2015.07.05

カフェ・ボローニャ

今年もボローニャ展の会期限定で「カフェ・ボローニャ」がオープンしています。美味しいパンやお菓子を楽しみに毎年来てくださるお客さまもたくさんいます。

DSCN9867

併設のブックショップは、今年も充実の品揃えです。出品作家やラガッツィ賞の絵本もたくさん入荷しています。

DSCN9864