BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2015.04.26

近代日本の社会と絵画 戦争の表象 ギャラリートーク第2回

DSCN8825

間もなくゴールデンウィークですね。今日も良い日和で、お散歩がてら美術館に立ち寄った来館者も多かったようです。

本日は2回目のギャラリートークが開催され、23名の方がご参加されました。写真は、担当学芸員が末松正樹の作品について話しているところです。末松は舞踊家としてパリに渡り、世界大戦下のフランスで捕虜として軟禁生活を送りました。展示では軟禁生活中のデッサンに加えて戦後の油彩画も紹介しています。

次回のギャラリートークは、5月3日(日)14:00から開催します。お楽しみに!

2015.04.11

近代日本の社会と絵画 戦争の表象 開幕・ギャラリートーク

本日から館蔵品を中心とした「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」展がはじまりました。

戦後70年という節目を迎える本年、この展覧会では、30人の画家による100点の作品で「戦争」の体験と表現を検証しています。古沢岩美や浜松小源太、寺田政明など板橋区ゆかりの画家の作品も充実しております。

本日は1回目のギャラリートークが開催され、28名の方が熱心に耳を傾けてくださいました。写真は、担当学芸員が新海覚雄の《貯蓄報国》について解説しているところです。郵便局を描いたこの絵は、一見したところ戦争の色が感じられませんが、絵の細部まで見てみると庶民の銃後の暮らしが浮かび上がってきますので、会場でじっくりご覧いただきたいと思います。

次回のギャラリートークは、4月26日(日)14:00から開催します。ご参加お待ちしております!

 

DSCN8695

2015.04.10

明日「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」オープン

明日4月11日より、館蔵品展「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」がオープンします。
初日は、午後2時よりギャラリートークも行われます。ぜひご来館ください!

IMG_1983