BLOG - 最近の投稿 BLOG - 過去の投稿
2015.03.29

18世紀の江戸絵画展 最終日

本日は「18世紀の江戸絵画」展の最終日です。

多くのお客さまにご来館いただき、ありがとうございました。

本日はギャラリートークも開催しました。(参加約20名)

写真は、戸田忠翰「雪竹兎図」について説明しているところです。忠翰は宇都宮藩主でありながら、絵もよくしました。本展では、長崎に来舶した沈南蘋の画風に影響を受けた人々を紹介していますが、忠翰もその一人です。忠翰は、藩主でありながら趣味にも打ち込んだようで、その余裕には憧れを覚えます。

当館の次の展覧会は、4月11日より開催する館蔵品展「近代日本の社会と絵画 戦争の表象」です。今年は戦後70年。戦時中を生きた画家たちが、いかに表現と向き合ったかをご覧ください。

 

DSCN8634

2015.03.29

講演会「2013、2014年度寄贈作品の紹介
—新出の探幽縮図を中心に」

館蔵品展「18世紀の江戸絵画」は本日最終日です。

昨日は、「2013、2014年度寄贈作品の紹介 —新出の探幽縮図を中心に」と題し、当館学芸員の佐々木英理子がお話しました。

2013年度に寄贈された「西行・江口贈答図」は、江戸時代の女性画家・清原雪信によるものです。また2014年度は、狩野探幽「探幽縮図 東大寺大仏縁起絵巻」、狩野派による「山水図 縮図」「探幽原画 倣古名画巻模本」、伝 英一蝶「寿老人図」の4点をご寄贈いただきました。

いずれも区外の方からのご寄贈ですが、当館で狩野派の展示をたびたび行っていること、また英一蝶の展示を過去に開催していることなどから、当館へのご寄贈を決めて下さったということです。当館の活動を評価・応援してくださり、本当にありがたく存じます。

それぞれの作品について、現時点で考え得る説明を行い、特に「探幽縮図」については場面ごとに詳しく見ていきました。

「探幽縮図」巻末の留書きの読解について、「土佐からものゑ也」としたところ「土佐かかりのゑ也」ではないかとのご指摘も頂きました。今後も継続して調査してゆきたいと思います。

とても限定的なテーマでしたが、最後まで聞いて下さり、ありがとうございました。

古美術の次回展示は、9月の館蔵品展「まあ!オモシロ江戸屏風」です。こちらもどうぞお楽しみに!(聴講約60名)

n150328-3

 

 

2015.03.28

本日の桜は・・

今日はとても暖かく、いい日和になりましたね。

きのうはまだまだ・・とお伝えした、美術館前の桜ですが、今朝見ると、かなり咲いていました。
公園では、カメラを片手に散策されている方も多く見かけました。

150328-2

2015.03.27

桜のつぼみたち

桜が咲き始めましたね。

美術館前の桜並木は、あともう少し・・。
桜のつぼみたちも今か今かと、待ちわびているかのようです。

明日は、講演会「2013、2014年度寄贈作品の紹介 —新出の探幽縮図を中心に」が開催されます。
お花見もかねて、ぜひお出かけください。

news150327

2015.03.22

フィラデルフィア美術館で「狩野派展」

フィラデルフィア美術館で開催されている狩野派展 Ink and Gold: Art of the Kano に、当館所蔵の狩野派作品を6点出品しています。

アメリカで本格的な狩野派展が開かれるのは初めてのこと。

始祖の正信から明治期の橋本雅邦・狩野芳崖まで、狩野派の絵師たちが約400年にわたっていかに技術を継承していったかに焦点をあてた展示です。

news150322-2

http://www.philamuseum.org/exhibitions/812.html

 

 

 

2015.03.22

ひよこ・たぬきアトリエ 断面図を描こう!

本日、「ひよこ・たぬきアトリエ〜中身はどうなってるの?断面図を描こう!〜」が開催されました。講師は絵本作家のたしろちさとさん。開くと中身が見える、二つ折りのカードを作りました。

まずは、”断面図”って何だろう?というお話から・・

たしろさんは、リンゴの絵を描いて見せたり、「断面図鑑」という大きな絵本を見せながら、説明していました。

01

そして、制作へ。先生も相談にのってくださいます。

09

完成後は、作品発表会。

02

みんなで「中身はなあーに!?」と声を出して、カードを開いて見せます。

04

「わあ~!と、歓声があがったり。
楽しい作品がたくさん出来上がりました!

 

参加者の皆さんの作品より。

06 05

08  07

みんな創造力ゆたかに、さまざまなカードを作ってくれました。
お子さんだけでなく、お父さん・お母さんも力作揃いです!

今年度の「ひよこ・たぬきアトリエ」は今日でおしまい。
次回は、5月に開催予定です。

またのご参加をお待ちしています!

2015.03.22

18世紀の江戸絵画展 ギャラリートーク(2回目)

本日は暖かくお散歩日和となりました。

当館にも午前中から多くのお客さまがお越し下さっています。

午後2時からはギャラリートーク(2回目)を行い、約33名の方にご参加いただきました。

注目頂きたい作品は加藤信清「五百羅漢図」です。輪郭や彩色がお経の文字の集合体で描かれている超絶技巧の作品です。拡大パネルで細部をぜひご確認ください。

次回のギャラリートークは、展覧会最終日の3月29日(日)午後2時から行います。

IMG_0071

2015.03.15

梅まつりとともに、梅の絵もお楽しみください

昨日に引き続き、本日も赤塚溜池公園では梅まつりを開催しています。
あいにくの曇り空ですが、たくさんの人でにぎわっています。
DSCN8384

春の訪れを告げる梅は、吉祥モチーフとしても古くから親しまれていますが、今回の展覧会にも梅が描かれた絵がいくつかありますので、ぜひ探してみてください。
写真の中央の絵は、江戸で活躍した絵師・諸葛監(しょかつかん)による作品です。梅の木につがいの綬帯鳥が描かれ、長寿や夫婦円満などの意味が込められたおめでたい絵です。
DSCN8391
公園で満開の梅を見た後には、ぜひ江戸時代の梅も楽しんでください。
DSCN8388

2015.03.14

展覧会場より

しばらく梅のニュースが続いていたので、今日は会場のようすもお伝えしたいと思います。

こちらは、狩野典信「唐子遊図屏風」
新タイトルは、「チャイニーズ・キッズ」
色彩も鮮やか、さまざまな遊びを楽しむ唐子たちがいきいきと描かれています。
子どもたちの衣服の紋様もお洒落です。

150314-2

こちらは、「蝦蟇仙人図」(中央は、佐竹曙山筆)
肩にカエルがのっています。親子連れの方が熱心に見ていました。

150314-3

2015.03.14

梅まつり初日

今日から「赤塚梅まつり」が始まり、美術館界隈はたくさんの人で賑わっています。

150314-1

150314-4

板橋のゆるキャラ、りんりんちゃんも大人気!

150314-7

明日も開催されます。